FC2ブログ

第15回地域史卒論報告会(オンライン開催)

 歴史資料ネットワークと神戸史学会は、一昨年まで14回にわたって地域史卒論報告会を開催してきました。これは、卒業後に就職する学生たちが、神戸・阪神間の地域史をテーマにした卒業論文を報告する会です。昨年は新型コロナウィルスのため開催できなかったので、今年は最初からオンラインで開催を準備します。卒業論文の多くは、手間暇かけ調査しながら、学会や地域に公表する機会が少ないものです。春から社会に出る学生が、市民の疑問に答えることで、大学での研究とのギャップを肌で感じてもらい、社会人になっても歴史文化に関心を持ち続けてもらうことを期待して開催しています。

開催方法
◇事前申し込み制によるZoomミーティングによって開催します。
◇史料ネットのホームページより、お申し込みください。ZoomのURLをメールにてお知らせいたします。
http://siryo-net.jp/event/15th-thesis-briefing-session/
◇報告レジュメについては、PDFファイルを事前にクラウドにアップロードするので、それをダウンロードして閲覧してください。

日程:2021年3月7日(日)10:50~16:20

タイムテーブル
【開会】
10:30~10:50 開場(ページ開設)
10:50~11:00 開会あいさつ

【第1部】報告40分+質疑20分
11:00~12:00 報告①:前田史佳氏(大阪教育大学)
「1920年代大阪における社会事業の社会的意義と限界性―在阪朝鮮人問題の事例から―」

12:10~13:10 報告②:古谷優周氏(大阪市立大学)
「幕末期の泉州一橋領知における御用請負体制について」

【休憩】13:10~14:00

【第2部】報告40分+質疑20分
14:00~15:00 報告③:大場智香子氏(神戸大学)
「近世後期の芸能興行と農村社会―播磨国多可郡奥畑村の芝居を事例として―」

15:10~16:10 報告④:髙橋 玄氏(大阪大学)
「大正・昭和初期における郡農会の実態―京都府熊野郡を中心として―」

【閉会】
16:10~16:20 閉会あいさつ

主催:歴史資料ネットワーク・神戸史学会
スポンサーサイト



2021-03-02 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop

【前近代史部会】3月部会のご案内

大阪歴史科学協議会前近代史部会では、下記のとおり部会を開催します。
Zoomを使用したオンライン形式で実施いたしますので、参加を希望されるかたは、
下記の申し込みフォームからお申し込みください。

【参加申し込みフォーム】https://forms.gle/zbmBFj6iXaPrcE888
 ※申し込みの締め切りは、3月21日(日)です。


参加に必要なURL・ログインID・パスワードや報告レジュメは、事前にお申し込みいただいた方にのみお送りします。
皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。

◇大阪歴科協前近代史部会3月部会

【日時】3月23日(火)18:00~

【報告者】田坪 賢人氏(大阪市立大学D1)

【題目】近世大坂大工組の組織構造(仮)


【参考文献】
 渡辺勝彦「江戸時代後期の大坂における大工組の研究」(『日本工業大学研究報告』別巻二、1978年)
 塚田孝「近世大坂の法と社会」(同著『都市社会史の視点と構想 法・社会・文化』清文堂、2015年、初出2007年)

◇問い合わせ先
大阪歴科協前近代史部会メールアドレス rekkakyo.zenkindai@gmail.com


*申し込みをいただいたにも関わらず、部会前日となってもZoomのURLなどが届かない場合も、上記のメールアドレスまでお問い合わせ頂ければ幸いです。
*なお、申し込みをいただいた後で参加が難しくなった場合も、その旨をお知らせいただきますよう、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。
2021-03-01 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

第55回「建国記念の日」不承認2・11大阪府民のつどい インターネット視聴についてのご案内

2・11集会への参加を予定されているみなさまへ

「建国記念の日」反対大阪連絡会議(事務局電話番号:06-6768-2330)

 「建国記念の日」不承認2・11大阪府民のつどい(2月11日[木] 13時30分~)に向けて、「建国記念の日」反対大阪連絡会議は準備をすすめているところですが、コロナ禍の中、「集まることに不安がある」というお声も聴いています。そこで、2・11集会で初となるインターネット配信を行います。
 感染拡大を防ぐ観点から、ご自宅などにインターネット環境がある方は、会場参加ではなくインターネット視聴での参加をよろしくお願いします。

 配信情報は以下のURLをご確認ください。講演のレジュメなども2月4日頃に掲載する予定です。配信はYouTubeを使い、事前の登録などしなくてもどなたでも視聴することができ、無料です。

https://211osaka.localinfo.jp/posts/11562424

 また、集会そのものも人数を例年より大幅に制限する中、参加費収入が減となる見込みです。2・11集会は、「建国記念の日」の問題を問うとともに、私たちの立場からの文化創造をめざしてきた集会でもあります。コロナ禍で文化関係者に大きな影響が出ている中だからこそ、今年も例年行っている文化行事を実施することとしています。
 つきましては、インターネット視聴をされるみなさまに文化行事を維持するための寄付をお願いしたく、呼びかけをさせていただきます。ご支援をよろしくお願いいたします。

〔寄付の振込先〕
●ゆうちょ銀行からの場合
14170-60296341 名義:建国記念の日反対大阪連絡会議

●ゆうちょ銀行以外の金融機関からの場合
ゆうちょ銀行 店名 四一八(ヨンイチハチ)
普通口座 6029634 名義:建国記念の日反対大阪連絡会議

※領収書は、振込控えをもって代えさせていただきます。

以 上
2021-02-02 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【前近代史部会】2月部会のご案内

大阪歴史科学協議会前近代史部会では、2月15日(月)に下記のとおり部会を開催します。

本部会はZoomを使用したオンライン形式で実施いたしますので、

参加を希望される方は下記のリンクにアクセスいただき、アンケートフォームからお申し込みください。

参加に必要なURL・ログインID・パスワード、また報告レジュメにつきましては、事前に申し込みいただいた方にのみお送りします。

なお、オンライン配信の特性から、URLなどをホームページなどで配信する予定はありませんので、参加を希望する場合は必ず事前にお申し込みください。

お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。




◇大阪歴科協前近代史部会2月部会

【日時】2月15日(月)18:00~

【報告者】綱澤 広貴氏(大阪大学D1)

【題目】近世後期美作国津山藩における下級家臣編成と地方支配機構


【参考文献】

熊谷光子「近世大名下級家臣団の構造的分析--豊後岡藩を素材にして」(『日本史研究』316、1988年)

森下徹「萩藩庁の手子と中間」(同『近世瀬戸内海地域の労働社会』渓水社、2004年)


【参加申し込み用フォーム(申し込み締切日:2月12日(金))】 

https://forms.gle/o4o1qPukGyP2xrNFA




◇問い合わせ先

大阪歴科協前近代史部会メールアドレス (rekkakyo.zenkindai@gmail.com


※事前申し込みをいただいたにも関わらず、部会前日となってもZoomのURLなどが届かない場合も、上記のメールアドレスまでお問い合わせ頂ければ幸いです。

※お申込みいただいた後で、参加が難しくなった場合も、上記のアドレスまでご連絡ください。

その他、ご質問・お問い合わせなどについても、上記のアドレスまでお送りください。

2021-01-23 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【1月例会(オンライン開催)】地域歴史資料の保全に向けて

 全国で頻発する大規模自然災害から地域歴史資料を保全し未来へ継承していくことは、歴史学の課題であるだけでなく、日本社会全体の課題として広く認識されつつある。
 関西でも、近年は2018年の大阪府北部地震や台風21号風水害など頻繁な自然災害に見舞われ、多くの地域歴史資料が影響を受けた。加えて、高齢化にともなう代替わりや、大都市部以外の過疎化や人口流出などの影響により、日常的に消失の危機に瀕している地域歴史資料も少なくない。そうしたなか、地域歴史資料の保全に向けての基盤をつくりあげるために、関西を拠点に活動している我々の役割はより重要になっている。
 そこで1月例会では、歴史資料ネットワークの松本充弘氏と小野塚航一氏の報告を用意した。松本氏からは、2018年の台風21号を契機に行われた被災資料レスキューを中心とする関西での具体的な活動事例を、コロナ禍での整理作業の経験も踏まえてご報告いただく。小野塚氏からは2019年の台風19号で被災した東日本での被災資料レスキューの紹介とそこからみえてきた課題についてご報告いただく。両報告を通じて、多くの参加者とともに、持続的な地域歴史資料保全のあり方について議論を深めたい。

報告①:松本 充弘氏(神戸大学)
「大阪市における地域歴史資料保全の課題
-2018年台風21号による被災資料レスキューを通じて-」

報告②:小野塚 航一氏(神戸大学)
「地域歴史資料保全をめぐる課題
-2019年台風19号による被災資料レスキューを通じて-」

日時:2021年1月24日(日)13:00~17:00
場所:Web会議システム「Zoom」を用いたオンライン開催

*参加ご希望の方は、
参加申し込みフォーム(https://forms.gle/iTjTdFernpAWyXMu7よりお申し込みいただくか、
大阪歴史科学協議会のメールアドレス(osaka_rekkakyo@yahoo.co.jpに、必要な情報(氏名・メールアドレス・会員かどうか・ご所属)を添えてEメールでお申し込み下さい。
折り返し、ZoomのURL等と報告レジュメをお届けします(ご提供いただいた個人情報は例会終了後、破棄します)。

*会員以外の方も参加を歓迎しますが、会員・非会員を問わず、上記のアドレスに事前連絡をお願いします。

☆次回の例会は2.11集会となります。今年度の記念講演者は、岡田知弘氏(京都橘大学)です(2月11日[木]、@大阪府教育会館。インターネット配信もあり)。 
2021-01-23 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

検索フォーム

QRコード

QR