FC2ブログ

【大阪歴史科学協議会2020年度大会「延期」のお知らせ】

謹啓 会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素は、当会の活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、会員の皆様に大切なお知らせがございます。当初、本年6月13日(土)に開催を予定していました大阪歴史科学協議会の大会ですが、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大を受け、委員会において協議を重ねた結果、ご来場になる会員の皆様や委員の健康と安全を第一に考え、たいへん残念ではございますが、「延期」する判断に至りました。延期後の大会は、10月4日(日)に関西学院大学での開催を予定しています。直前のご報告となりましたことをお詫び申し上げますとともに、昨今の状況をふまえてご理解いただけますと幸いです。

 なお、総会については、会員の皆様に議案を6月中に送付して、同封の返信用ハガキで意見集約を行い、総会での議案採択に代える方法を委員会で決めました(10月4日に大会を開催できた場合には、当日の午前中に上記の結果を改めて確認する手続きをとる予定です)。異例の対応になりますが、この点につきましてもご理解下さいますよう重ねてお願い申し上げます。

 以上の内容についてご不明な点やご意見などございましたら、当会のメールアドレス(osaka_rekkakyo@yahoo.co.jp)までお問い合わせください。末筆ではございますが、会員の皆様のご健康を改めてお祈り申し上げます。謹白

大阪歴史科学協議会
委員長 飯塚 一幸
委員一同
スポンサーサイト



2020-05-21 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第241号(2020年5月)

〈2019年6月大会:近代大阪の都市社会と共同性〉
高橋明裕:趣旨説明(2019年6月大会「近代大阪の都市社会と共同性」)
飯田直樹:近代大阪の「福祉」と民衆世界
廣川和花:コメント―医療の〈近代化〉と施療・救済の観点から―
出水清之助:2019年度大会 討論要旨

〈第35回 歴史学入門講座〉
今津勝紀:日本古代史研究の方法的模索―生存の問題を中心に―
池田拓哉:今津勝紀氏の講演に接して
池田寛斗:歴史学の課題と可能性―歴史学入門講座参加記―

〈2019年5月例会:中国古代帝国の世界史的特質―東西比較研究を通して考える―〉
市原宏一:前近代西洋における帝国と周辺―渡辺信一郎・西村成雄編『中国の国家体制をどう見るか』によせて―
渡辺信一郎:中国古代帝国の構造的特質
高橋明裕:討論要旨(2019年5月例会)

安竹貴彦:書評 塚田孝『大坂 民衆の近世史―老いと病・生業・下層社会』

委員会記録
2020-05-21 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第240号(2020年2月)

〈2018年12月例会:脇田修氏の近世都市論をめぐって〉
今井修平:脇田史学における都市史研究と大坂
呉 偉華:コメント 脇田修氏の近世都市論をめぐって
石橋知之:討論要旨(2018年12月例会)

〈2019年3月例会:新自由主義時代の歴史教育―新学習指導要領の批判的検討から―〉
井ノ口貴史:「歴史総合」の批判的検討と実践の方向性
浅井義弘:「歴史総合」―現場からの疑問―
西尾泰広:討論要旨(2019年3月例会)

〈2019年4月例会:新しい地域史の試み〉
藪田 貫:『新版八尾市史近世史料編1』の編纂に携わって
尾崎良史:『新版八尾市史 近世史料編1』編集の考え方と手法について
北林千鶴:八尾市における市史編纂ボランティア活動について
塚田 孝:『和泉市の近世』と地域史研究
山下聡一:和泉市史編さん事業における史料調査・研究・保存・活用の成果と課題
田坪賢人:討論要旨(2019年4月例会)

委員会記録
2020-04-11 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】 3月部会のお知らせ

※本部会は、昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑み、開催を見送らせて
 いただきます。皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


-------------------------------------------------

 帝国主義研究部会では3月部会を開催いたします。
みなさまの奮ってのご参加を、心よりお待ちしております。

【日時】 3月14日(土) 18:30~
【場所】大阪市立淀川区民センター 小会議室(大阪市淀川区野中南2丁目1-5)

    十三駅(西口)から徒歩約7分

【報告】
茶畑 秀亮氏(神戸大学大学院M1)
「戦間期ファシスト・イタリアの東南欧戦略」


【参考文献】
・石田憲(1994)『地中海新ローマ帝国への道 ファシスト・イタリアの対外政策 1935-39』東京大学出版会。
・H. James Burgwyn. (1997). Italian foreign policy in the interwar period 1918-1940., London: Praeger Publishers.
・Robert Mallett (2004) The Anschluss Question in Italian Defence Policy, 1933-37, Intelligence and National Security, 19:4, 680-694
2020-02-06 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】 2月部会のお知らせ

 帝国主義研究部会では2月部会を開催いたします。
みなさまの奮ってのご参加を、心よりお待ちしております。

【日時】 年2月24日(月・祝) 18:30~
【場所】大阪市立福島区民センター 101会議室

 最寄駅 大阪メトロ千日前線「野田阪神」、JR東西線「海老江」、阪神本線「野田」

【報告】
小田直寿氏(大阪電気通信大学非常勤講師)
「いま家永三郎研究をするにあたって何を念頭に置くべきか(試案)―研究出発時の留意点と具体的な研究手法より歴史的位置づけの見通しに及ぶ――」


【参考文献】
・家永三郎『一歴史学者の歩み』岩波現代文庫、2002
・家永三郎『田辺元の思想史的研究』『家永三郎集』第7巻。岩波書店、1998
2020-02-06 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

検索フォーム

QRコード

QR