fc2ブログ

帝国主義研究部会 関西三学会合同修論報告会(第1回)のお知らせ

 帝国主義研究部会では、日本史研究会近現代史部会・大阪歴史学会近代史部会との合同による修論報告会(第1回)を
開催いたします。みなさまの奮ってのご参加を心よりお待ちしております。
 今回は、ミーティングアプリZoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。
参加をご希望の方は、3月28日(木)までに日本史研究会近現代史部会の
メールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名を明記してご連絡ください。
折り返し、参加に必要なURL・ログインID・パスワード等を、3月29日(金)までにお送りいたします。
なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮ください。
当日の報告・討論へのご参加をよろしくお願いいたします。

関西三学会合同修論報告会(第1回)
【日時】 2024年3月30日(土)13:00~
【開催方法】 オンライン開催(Zoomを使用)
【報 告 者】 藤原樹氏(京都大学大学院)
【タイトル】「昭和戦前期日本の対「アラブ諸国」外交―イラク・サウジアラビア・イエメンとの交渉を中心に」
【参考文献】
・Shimizu, Hiroshi. Anglo-Japanese Trade Rivalry in the Middle East in the Inter-war Period, London: Ithaca Press, 1986.
・島田大輔「昭和戦前期における回教政策に関する考察―外務省と大日本回教協会を中心に」(『一神教世界』第6号、2015年3月)

大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会
メールアドレス:teikoku.osakarekkakyo730@gmail.com
スポンサーサイト



2024-02-26 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

大阪歴史科学協議会2024年3月例会のお知らせ

 
地域の博物館・史資料館と社会教育

 大阪歴科協では、歴史学研究の成果を市民と共有することが重要であると考え、この間、地域の歴史資料の保存・展示を行ってきた自治体の博物館や史資料館との連携を深めてきました。その結果、予算や人員の削減、それに伴う指定管理者制度への移行など諸施設を取り巻く厳しい現状が明らかになっています。しかし多くの施設ではこのような困難な状況のもと、保存・展示された歴史資料を活用し、市民への社会教育の場を提供してきています。
 そこで、3月例会では、茨木市立文化財資料館の中本和氏に報告をお願いしました。資料館における社会教育実践としての地域の小中学校での取り組みなど、具体的な事例の紹介とその成果、現状の課題について報告していただき、これからの社会教育のあり方について、参加された皆様とともに理解を深めていきたいと思います。
多くの方々のご参加をお待ちしております。


日 時 2024年3月9日(土) 14:00~17:00
会 場 関西学院大学 大阪梅田キャンパス10F 1005室
内 容
      報告 中本 和氏(茨木市立文化財資料館学芸員(文化財調査担当員)) 
           「地域の博物館・史資料館と社会教育
             ―茨木市立文化財資料館の取り組み―」

参加費 300円(会員は無料)



★Zoomでの参加をご希望の方は、
参加申し込みフォーム からお申し込みいただくか、
②大阪歴史科学協議会のメールアドレス( osaka_rekkakyo@yahoo.co.jp )に、必要な情報(氏名、メールアドレス、会員・非会員の別、ご所属、参加形態、電話番号)を添えてEメールでお申し込み下さい。
 
例会前日までに、ZoomのURL等と報告レジュメをお届けします。

関西学院大学梅田キャンパス
*マスクの着脱等、新型コロナウイルス感染症対策については、使用会場の方針に従ってください。

☆4月例会は、4月14日(日)午後から、大庭重信氏に「梅田墓からよみがえる19世紀市井の人びと―大深町遺跡発掘調査成果から」をご報告いただく予定です(中央区民センター会議室/ハイブリッド開催)。こちらもふるってご参加くださいませ。

2024-02-22 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

大阪歴史科学協議会前近代史部会のお知らせ

大阪歴史科学協議会前近代史部会では、下記のとおり部会を開催いたします。
皆さまのふるってのご参加を心よりお待ちしております。

◇大阪歴科協前近代史部会3月部会
【日時】3月25日(月)18:00~
【報告者】山村 陽仁氏(大阪大学D1)
【題目】後西上皇の政治的位置と霊元天皇―皇子女の処遇に注目して―(仮)
【参考文献】久保貴子『近世の朝廷運営』(岩田書院、1998年)特に第1章・第2章
      野村玄「寛文期の「叡慮」と江戸幕府」
       (同『日本近世国家の確立と天皇』清文堂出版、2006年、初出2002年)
      石田俊「霊元天皇の奥と東福門院」
       (同『近世公武の奥向構造』吉川弘文館、2021年、初出2011年)
【実施形態】「Zoom」を用いたオンライン開催


参加申し込み方法
 参加申し込みフォーム(https://forms.gle/doukNhu591SC66yW7)よりお申込みください。
 開催日が近付きましたら、登録いただいたアドレスに、ZoomのURL等と報告レジュメをお届けします(ご提供いただいた個人情報は例会終了後、破棄します)。
  ※委員・部会員以外の方の参加も歓迎いたします。
 ※オンライン配信の特性により、Zoomの情報(URLなど)やレジュメをホームページなどで配信する予定はありません。

*問い合わせ先:前近代史部会メールアドレス(rekkakyo.zenkindai@gmail.com)
*申し込みをいただいたにも関わらず、部会前日となってもZoomのURLなどが届かない場合も、
 上記のメールアドレスまでお問い合わせください。
*なお、申し込みをいただいた後で参加が難しくなった場合も、
 その旨をお知らせいただきますよう、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。
2024-02-20 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

前近代史部会(大会準備会)のお知らせ 

        前近代史部会(大会準備会)のお知らせ

 大阪歴史科学協議会では2024年度大会のテーマを「清代中国と近世日本の地域の基層社会の比較―「史料と社会」の視角から―(仮)」とし、明清期の中国の地域社会について研究を進められてきた山田賢氏(千葉大学)に報告を依頼しました。
 そこで前近代史研究部会では、大会にむけた2回の部会を企画しました。1回目は山田賢氏の業績検討会、2回目は清代中国の地域社会史に関する近年の研究動向の勉強会です。今年度の大会にむけて、参加者とともに議論を深める場にしたいと思っておりますので、皆さまのふるってのご参加を心よりお待ちしております。

♢大会準備部会(1回目)
【報告】呉 偉華氏(大阪公立大学)、吉元 加奈美氏(京都精華大学)
【日時】2024年3月2日(土)10:00~12:30
【実施形態】オンライン(Zoom)開催

♢大会準備部会(2回目)
【報告】渡辺 健哉氏(大阪公立大学)
【題目】近世中国における地域社会研究の論点
【日時】2024年3月11日(月)18:00~20:30
【実施形態】オンライン(Zoom)開催


参加申し込み方法
 参加申し込みフォーム(https://forms.gle/zw1yyUL2fc4g45GH8)よりお申込みください。
 開催日が近付きましたら、登録いただいたアドレスに、ZoomのURL等と報告レジュメをお届けします(ご提供いただいた個人情報は例会終了後、破棄します)。

※会員以外の方の参加も歓迎いたします。
※オンライン配信の特性により、Zoomの情報(URLなど)やレジュメをホームページなどで配信する予定はありません。

*問い合わせ先:前近代史部会メールアドレス(rekkakyo.zenkindai@gmail.com
*申し込みをいただいたにも関わらず、部会前日となってもZoomのURLなどが届かない場合も、上記のメールアドレスまでお問い合わせください。
*なお、申し込みをいただいた後で参加が難しくなった場合も、その旨をお知らせいただきますよう、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

2024-02-11 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

第58回「建国記念の日」不承認2.11大阪府民のつどい

第58回「建国記念の日」不承認2.11大阪府民のつどい

 戦後、「紀元節」の復活を狙う政府は、1966年に「紀元節の日」であった2月11日を「建国記念の日」と制定しました。大阪教職員組合が加盟する「建国記念の日」反対大阪連絡会議は、1967年以来毎年、不承認のつどいを開き、府民としての意思を示してきました。また、平和と民主主義に関わる時々の課題や大阪の都市の問題を取り上げ、私たちの立場からの文化創造をめざしてきました。
 第58回「建国記念の日」不承認2.11大阪府民のつどいは、元・専修大学教授、高麗博物館前館長の新井勝紘さんに、「関東大震災100年を経て―絵巻に描かれた現代への教訓―」をテーマに記念講演をしていただくことになりました。
 関東大震災(1923年)発生時、軍・警察・自警団により朝鮮じにゃ中国人、社会主義者などへの虐殺が行われました。「省み、よくよく考えてほしい」と、淇谷(きこく)という画家によって惨禍の様子が描かれた『関東大震災絵巻』が、100年経って発見・公開されました。絵巻を発見した新井勝紘さんから現代への教訓をお話いただきます。
 文化行事は山本純子さんのフルートと黒木耀子さんによるピアノの演奏です。
日時 2023年2月11日(日)開場13:00 開演13:30
会場 大阪府教育会館たかつガーデン8階
内容 
 講演 「関東大震災100年を経て―絵巻に描かれた現代への教訓―」
 講師 新井勝紘さん(元・専修大学教授・高麗博物館前館長)

 文化行事 山本純子さん(コントラバス)
      黒木耀子さん(ピアノ)
 【曲目】・マスネ:タイスの瞑想曲、シャミナード:コンチェルティーノ 他


会場参加費 500円
※高校生以下無料

アクセス:地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩10分
      近鉄「大阪上本町」駅から徒歩5分

211たかつガーデンMAP

主催 「建国記念の日」反対大阪連絡会議
事務局団体:大阪歴史学会・大阪歴史科学協議会・大阪歴史教育者協議会
        関西マスコミ文化情報労組会議・大阪民衆史研究会・大阪教職員組合
事務局TEL:06-6768-2330 FAX:06-6768-2239
2024-02-10 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

検索フォーム

QRコード

QR