【7月例会】 近代都市史・地域史と軍港研究の到達点と課題 ―『シリーズ軍港都市史研究』から考える―

 近年、近現代史分野では軍都や軍港の都市史研究を含め、軍隊・軍事
と地域社会との関係に関する研究が、様々な形で進んでいます。中でも
『シリーズ軍港都市史研究』(第1巻~第7巻、清文堂出版)は、都市史や
地域史研究との接点を意識し、明確な方法的意図も持った、本格的な
研究論文集として多くの成果を上げています。本例会では、同シリーズを
中心になって編集・執筆された坂根嘉弘氏をお招きし、シリーズのねらい
と成果、課題などについてご報告いただきます。

 部会からのコメントとあわせ、海軍軍港都市史にくわえ、軍隊と地域
社会に関する研究や、近代日本の地方都市研究に同シリーズが提示
した論点や成果を整理し、今後の研究課題を考えたいと思います。
 会員の皆さまをはじめこのテーマに興味のある皆さまのふるっての
ご参加をお待ちしています。

報 告:坂根嘉弘氏(広島修道大学)
 「シリーズ軍港都市史研究を編集して―成果と課題―」

コメント:大阪歴科協帝国主義研究部会ワーキンググループ
 「シリーズ軍港都市史研究の論点と意義(仮)」

日 時:2018年7月15日(日)13:00~17:00

場 所:クレオ大阪中央 研修室1

※地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分
※大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200
※資料代 300円(会員無料)

クレオ大阪
スポンサーサイト
2018-06-11 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【5月例会】日本中世の戦争と平和

 1980年代以降の日本中世史研究では、合戦や戦乱の「戦争」としての実態に注目する観点から、日本中世の「戦争と平和」についての議論が展開されるようになりました。一方で、日本中世社会の中で重要な位置を占める寺院や僧侶を軸にこれらの「戦争」や「平和」を分析する研究は十分進んでいるとは言えず、現在の中世史研究の課題となっています。
 そこで5月例会では、これまで寺院史・宗教史を牽引してこられた久野修義氏をお招きし、大勧進聖重源の東大寺再建をはじめとする宗教的実践活動を、治承・寿永の「戦争」の戦後処理をめぐる宗教者の社会的実践として考察し、当時の社会状況の中に位置づけなおす報告を行っていただきます。5月例会が、重源の事績を通して日本中世の「戦争と平和」について考える場となるよう、皆さまの積極的なご参加をお願い申し上げます。

報 告 久野 修義氏(元、岡山大学)「重源と源平戦争」

日 時 2018年5月13日(日)14:00~17:00

場 所 クレオ大阪西 研修室

※JR環状線・阪神なんば線「西九条」駅下車、徒歩3分。
※大阪市此花区西九条6-1-20、tel:06-6460-7800

参加費 非会員300円(会員無料)

クレオ大阪西
2018-04-30 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【4月例会】失われたアメリカのリベラル政治 ―「ニューディール秩序」再考―

 ドナルド・トランプ氏が当選した2016年のアメリカ大統領選挙は、今日のアメリカの国家と社会が抱える歴史的な困難を私たちに突きつけました。何がポピュリズム政治を出現させたのか、なぜリベラル政治が失われてネオリベ・保守主義が勝利したのか、そのことはアメリカの内と外との関係にどのような変化をもたらしたのか――。このような今日の歴史的状況を捉えることは喫緊の課題です。
 
 中野耕太郎氏には2009年3月例会で、オバマ氏の大統領就任を問題関心としながら、20世紀アメリカニズムの国民秩序が形成する1920年代の動向と都市暴動について報告いただきました。今回は今日のアメリカ社会の誕生を、それに先行する「ニューディール福祉国家の瓦解」という文脈から考えたいと思います。20世紀の幅広い内外の歴史過程から、この政治体制の歴史的意義を炙り出すことを試みます。多数のご参加を期待します。

報 告:中野耕太郎氏(大阪大学)
日 時:2018年4月22日(日)13:30~17:00
場 所:クレオ大阪中央 研修室2

※地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分
※大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200
※資料代 300円(会員無料)

クレオ大阪
2018-04-06 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【3月例会】書物・読者・読書の文化史

近年、書物・読者・読書の文化史は日本の近世を中心に豊かな展開を見せており、現在刊行中の『シリーズ 本の文化史』(全6巻、平凡社)はその集大成といえます。3月例会では本シリーズ第3巻『書籍文化とその基底』を中心に、この巻の編集に携わった若尾政希氏より、編集を通じて得た新たな知見や「本の文化史」の今後の方向性について報告していただきます。また西洋史の大黒俊二氏にはミニ報告として、同じく『書籍文化とその基底』をもとに、書物史における東西対話の可能性について報告していただきます。

報 告 若尾政希氏(一橋大学)
「『シリーズ<本の文化史>3』を編みながら考えたこと」

コメント 大黒俊二氏(大阪市立大学)
「書物史東西対話の可能性
―『シリーズ<本の文化史>3』を手がかりに―」

日 時 2018年3月10日(土)13:30~17:00

場 所 大阪市立社会福祉センター第7会議室

(近鉄「大阪上本町駅」下車、⑪番出口より東へ徒歩3分、地下鉄谷町線「谷町九丁目」下車、東 へ徒歩10 分。〒543-0021大阪市天王寺区東高津町12−10、tel 06-6765-5641)


参加費 会員300円
(会員無料)
大阪市立社会福祉センター


☆次回の例会は、4月22日(日)にクレオ
大阪中央で開催します。20世紀後半のアメ
リカに関するご報告を中野耕太郎氏(大阪
大学)にしていただく予定です。
2018-02-19 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【2月例会】第52回「建国記念の日」不承認2.11大阪府民のつどい

 戦前、「紀元節」は、初代神武天皇即位の日とする天皇制国家の重要な祝祭日でした。戦後、「紀元節」の復活をねらう政府は、1966年に「紀元節の日」であった2月11日を「建国記念の日」と制定しました。「建国記念の日」は、国民主権を基本とする憲法の民主主義的原則に反し、歴史の真実を歪めるものです。
 政府は2018年を「明治150年」として、「明治の精神」「日本の強み」を「再認識」させようと施策推進を狙っています。明治から今日まで日本が関わった戦争とその終わらせ方を検証されてきた原田敬一さんに、政府が提示する歴史像の問題を視野に入れつつ、次の戦争を始めさせないためにお話しいただきます。

講 演
原田 敬一さん(佛教大学歴史学部教授・日本近現代史)
「戦争を始めさせないために―「明治150年」と日本の戦争―」

※著書に、『「戦争」の終わらせ方』(新日本出版社、2015年)、『国民軍の神話―兵士になるということ』(吉川弘文館、2001年)など。

文化行事 宮崎 剛さん(ピアノ)
曲 目
ベートーベン ピアノソナタ 第14番 作品27-2「月光」
ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー、ほか

日時:2018年2月11日(土)13時30分開演(13時開場)
会場:大阪府教育会館たかつガーデン8階

*近鉄「大阪上本町」駅から徒歩約3分/地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩約7分
参加費:500円(高校生以下無料)

主催:「建国記念の日」反対大阪連絡会議
事務局団体:大阪歴史学会・大阪歴史科学協議会・大阪歴史教育者協議会・関西マスコミ文化情報労組会議・大阪民衆史研究会・大阪教職員組合

大阪府教育会館(たかつガーデン)
2018-01-28 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

検索フォーム

QRコード

QR