【史料ネット】「2016 年熊本地震」による被災歴史資料保全活動への支援募金のお願い

 2016年4月14 日以来の「2016年熊本地震」では、最大震度7を記録する二度の地震のほか、これまでにない頻度の度重なる余震により、熊本県から大分県にかけて甚大な被害をもたらしました。未だ不自由な生活を余儀なくされている被災者のみなさまに心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族のみなさまに対して深くお悔やみを申し上げます。
 
 わたしたち歴史資料ネットワーク(史料ネット)は、1995年の阪神・淡路大震災以来、大規模自然災害時における被災歴史資料・文化財の救済保全活動に取り組んでまいりました。今回の大災害に際しても被災地の歴史文化の関係者の方々や全国の資料保全ネットワーク関係者、また国立文化財機構文化財防災ネットワーク関係者等と連絡をとり合いながら、ひとつでも多くの貴重な歴史資料・文化財を滅失の危機から救うため活動に取り組んでおります。

 地震発生から2週間が経過した現在、熊本市立熊本博物館(4月19日)や大分県立歴史博物館(4月26日)では民間所在史料・文化財の保全に関する呼びかけが行われるとともに、熊本では4 月23 日に歴史研究者を中心とする「熊本被災史料レスキューネットワーク(熊本史料ネット」が発足するなど、すでに被災地では被災歴史資料・文化財の救済保全活動が始められております。ご自身も被災されながらも、いち早く地域の歴史資料・文化財の救済に向けた活動をスタートさせた現地関係者の方々の勇気に心から敬意を表するとともに、被災地での活動を励ましつつ、史料ネットとしても全国の関係者と協力しながら、全力で被災地での活動を支援していきたいと考えております。

 現地ではすでにいくつかの民間所在の被災歴史資料・文化財の救出活動が行われておりますが、広域かつ甚大な被害に見舞われた今回の大災害では、これまでの経験から言っても長期にわたる活動が継続されることが予想されます。そうした長期にわたる活動を全国で支えていくために、みなさまから活動支援の募金をお願いしたいと考えます。このことについて4 月26日に史料ネットと熊本史料ネットとで相談を行い、募金のお願いについては史料ネットがサポートを行い、熊本史料ネットを代行してみなさまにお願いをすることとなりました。

 みなさまからいただきます募金については、熊本史料ネットなどの現地活動主体に順次送金していくとともに、現地活動主体を支援するために有効に活用させていただきます。
 被災地の復興に不可欠な地域の記憶の基礎となる歴史資料・文化財の救済のため、みなさまからの多大なご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2016 年熊本地震による被災歴史資料保全活動支援募金
* (郵便振替)口座番号:00930-1-53945
* 加入者名:歴史資料ネットワーク
* 払込用紙の通信欄に「熊本支援」と明記してください

*WEB 上からのお振り込みは、下記をご参照ください。
 銀行名:ゆうちょ銀行(コード9900)、店番:099
 預金種目:当座、店名:〇九九店(ゼロキュウキュウテン)
 口座番号:0053945
 * 振り込み元名義のあとに「クマ」と入力してください
スポンサーサイト
2016-05-15 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop

【史料ネット】東日本大震災被災資料クリーニング作業のボランティア募集

2015年10月24日、歴史資料ネットワーク事務局では、東日本大震災で津波被害にあった岩手県大船渡市赤崎町S家の資料群の一部を受け入れました。この資料群は大船渡で紙本・書籍保存修復をされている金野聡子氏、宮城資料ネット、京都造形芸術大学の方々によって2011年5月6日に救出されたもので、膨大な量にのぼります。救出後は京都造形芸術大学にてクリーニング作業や修復が行われていましたが、このたびの受け入れで、一部の作業を歴史資料ネットワークが主体となって神戸大学で行う運びとなりました。
作業はドライクリーニングがメインとなりますが、写真撮影や簡単な目録取りも行う予定でいます。作業経験は問いません。下記の通り作業日程を組んでいますので、ご都合のよろしい日にご参加いただけければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。


        月日・時間 集合場所
        3月6日(日)  13:00~17:00 神戸大学文学部学生ホール
        3月28日(月)  17:00~20:00 〃
        4月9日(土)  13:00~17:00 〃
        4月18日(月) 17:00~20:00 〃
        5月15日(日) 13:00~17:00 〃
        5月16日(月) 17:00~20:00 〃
 

神戸大学文学部学生ホールの場所
http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html(下の地図㉓です)

注1) 作業途中に脱けていただいても大丈夫です。
注2) 作業に必要な道具等はこちらで用意いたします。
注3) 汚れてもよい服装でご参加ください。
注4) 6月以降の予定は4月末頃に再度通知いたします。
2016-03-15 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop

【史料ネット】登録ボランティアについて(14/10/19UP)

 歴史資料ネットワークでは、災害時や日常時の資料保全活動に関わる情報を迅速にお伝えするため、「登録ボランティア」制度を実施しております。ボランティア登録をしていただきますと、当会をはじめ各地の資料保全活動に関わるボランティア情報などについて、メーリングリストにて随時お届けいたしております。(※毎週配信しているメールマガジンとは別です)

 募集の内容はさまざまで、被災家屋解体にともなう緊急レスキューや、被災した古文書のクリーニング作業・写真の撮影、あるいは民具の移動など、くずし字が読めなくても参加できるものもあります。

 登録料は無料です。こちらのフォームから「資料保全ボランティアに登録する」を選び、必要事項(お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス・生年月日)をご記入の上、お申込下さい。関連する講習やボランティアへの参加経験などございましたら、お書き添えいただければ幸いです。

 なお、実際にボランティア活動への参加する場合には、直接現地の活動団体への申し込み、ボランティア保険への加入が必要です。

これらの個人情報は、氏名の管理およびボランティア保険登録準備のために使用します。

◇◆問い合わせ・お申し込み先◆◇
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター内
歴史資料ネットワーク 電話&FAX:078-803-5565(平日午後1時から5時)
2014-10-19 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR