【2015年度大会・総会のご案内】新自由主義と現代歴史学の課題

 戦後70年をむかえる本年、大阪歴史科学協議会は、51回目の大会を開催します。
 この1年、日本の政治と社会をめぐる動きは、楽観を許さない状況をむかえているように思われます。改憲問題、戦後70年に際しての首相談話をめぐる議論、沖縄・辺野古への基地移設問題、集団的自衛権をはじめとする安保法制整備の問題など、戦後日本の平和と民主主義を規定してきた枠組みが大きく揺さぶられています。とりわけ、現政権の歴史認識が問題となっており、慰安婦問題をめぐる対応、教科書検定における政府見解の強要などの、いわゆる歴史修正主義的傾向に対して、国内外から批判が寄せられています。また大阪に即していえば、大阪都構想自体は住民投票で否決されたものの、府市統合を前提として進められてきた一連の政策について、引き続き注視することが必要です。
 このように複雑で困難な状況の下で、歴史学研究の可能性が改めて問われています。大会では、日本と世界をめぐる諸問題の根幹の一つである、新自由主義の問題をめぐって積極的に発言をされている小沢弘明氏をむかえ、新自由主義の時代と歴史学研究の課題をめぐる報告を行っていただきます。歴史的存在としての新自由主義の成立と展開に注目し、それが日本にどのように導入され作用しているのかについて、「同意調達」の観点から議論を展開する小沢氏の論点は、歴史学をふくむ知のありように及んでおり、歴史学研究の今後を考える上で重要な提言といえます。またコメントでは、小沢氏の報告を受けて、地域史研究および若手研究者の現在行っている研究が、現代社会といかなる関係で切り結ばれるのかという点をめぐって、それぞれの立場から論じます。現代と歴史学の関係という包括的な課題をめぐって、大会が有意義な議論の場となることを念願しています。皆さまの積極的なご参加をお願いいたします。

報 告  小沢弘明氏(千葉大学)「新自由主義時代の歴史学―下からのグローバル・ヒストリーについて―」
コメント 松岡弘之氏(尼崎市立地域研究史料館)・小野塚航一氏(神戸大学)・北野智也氏(大阪市立大学)
日 時  2015年6月13日(土)

総会10:00~12:00  大会13:00~17:00
場 所  関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス F号館203号教室
※ 阪急今津線「甲東園」駅、「仁川」駅下車徒歩12分。①が大学正門、⑬が会場のF号館で、203号教室は2階です。
※ 参加費(資料代)として500円いただきます。

関西学院大学キャンパスマップ
スポンサーサイト
2015-05-19 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】3学会合同卒論報告会のお知らせ

拝啓 日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ところで帝国主義研究部会では、以下の通り、三学会合同の卒論報告会を企画しました。皆さまどうぞ奮ってご参加下さい。

☆日時・場所 
2015年6月6日(土)11:00~ 機関紙会館3F会議室
 ※大阪歴史学会近代史部会、日本史研究会近現代史部会と共催。

☆報告者・タイトル・参考文献 
報告① 11:00~11:55 ※報告30分・質疑25分(以下同)
津熊友輔氏(神戸大学)
「奈良県再設置運動の展開過程とその背景」
・大島美津子『明治国家と地域社会』(岩波書店、1994年)
・山上豊「明治政府の府県管地政策と人民の対応」(『近代史研究』18、1977年)
・谷山正道「奈良県再設置運動研究序説」(『日本文化史研究』25、1996年)

報告② 13:00~13:55 
平野明香里氏(奈良女子大学)
「歴史とは何か―近代における楠木正成―」
・兵藤裕己『太平記〈よみ〉の可能性 歴史という物語』(講談社学術文庫、2005年)
・松沢裕作『重野安繹と久米邦武』(山川出版社、2012年)
・久米邦武『久米邦武歴史著作集 第三巻 史学・史学方法論』(吉川弘文館、1990年)

報告③ 13:55~14:50
出水清之助氏(神戸大学)
「大正デモクラシー期の貴族院議員の議会活動と思想」
・内藤一成『貴族院と立憲政治』(思文閣出版、2006年)
・小林和幸『明治立憲政治と貴族院』(吉川弘文館、2002年)
・後藤致人『昭和天皇と近現代日本』(吉川弘文館、2003年)

報告④ 15:10~16:05
長岡航氏(島根大学)
「日本陸軍と海軍の協力関係の実態と軍事方針―毒ガス兵器を中心に―」
・大日方純夫・山田朗編『講座 戦争と現代3 近代日本の戦争をどう見るか』(大月書店、2004年)
・松野誠也『日本軍の毒ガス兵器』(凱風社、2005年)
・吉見義明『毒ガス戦と日本軍』(岩波書店、2004年)

報告⑤ 16:05~17:00
松原弘樹氏(大阪市立大学)
「海軍少将高木惣吉の終戦工作(仮)」
・鈴木多聞『終戦の政治史1943-1945』(東京大学出版会、2012年)
・手嶋泰伸『昭和戦時期の海軍と政治』(吉川弘文館、2013年)
・樋口秀実「終戦史上の戦後」(『日本海軍から見た日中関係史研究』芙蓉書房出版、2002年)
2015-05-18 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【前近代史研究部会】5月部会のご案内

 新緑の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。さて、前近代史部会では、5月例会を開催いたします。今回は道上祥武氏による研究報告を企画しました。古墳時代から古代にかけての畿内集落遺跡の分析を通して、畿内内部の小地域における集落間関係や支配構造に迫るご報告をうけ、活発な議論ができればと考えております。ふるってのご参加をお待ちしております。

日時:2015年5月28日(木)18:30~
会場:クレオ大阪中央 研修室1
  
  *地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3分
報告:道上祥武氏(大阪市立大学後期博士課程)
「集落遺跡にみる古代畿内の地域社会(仮)」


<参考文献>
広瀬和雄「畿内の古代集落」(『国立歴史民俗博物館研究報告』22、国立歴史民俗博物館、1989)

*今年度の部会費(500円)の納入を、下記のゆうちょ銀行口座までお願い致します。また直接担当者に渡していただいても結構です。今年度は、尾崎真理・島崎未央・中村翼・吉元加奈美が部会担当を務めさせて頂きます。よろしくお願い致します。
口座名:大阪歴史科学協議会前近代史研究部会
口座番号:14110-79252011
2015-05-10 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR