【合同論評会】例会企画「鈴木良氏の人と学問(仮)」準備会②

日程:11月4日(水)18:30~
会場:浪速区民センター 第8会議室
   (地下鉄千日前線桜川駅7番出口より徒歩8分、
            JR環状線芦原橋駅より徒歩10分)

評者:津熊友輔氏(神戸大学大学院)
論文:
メインテキスト:「日本帝国主義の成立と構造」
(『日本史研究』65号、1963年3月)(佐々木隆爾氏との共著)
サブテキスト:「日清・日露戦争」
(『岩波講座世界歴史22帝国主義時代1 』、岩波書店、1969年)
スポンサーサイト
2015-10-28 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【11月例会】日本古代の「中心」と「周縁」を考える

 田中聡氏の著作『日本古代の自他認識』(塙書房、2015年)が上梓されました。田中氏は、これまで古代の「蝦夷」・「隼人」・「南島人」などの史、資料に焦点をしぼり、それぞれの集団内部の実態解明や、集団間の相互関係、あるいは古代国家との関わりについて研究されてきました。本書は、そうした田中氏の諸業績の集大成です。
 本例会では、蓑島栄紀氏と井上勝博氏を評者にお招きして本書の書評をおこなうとともに、従来の古代国家論、構造的な地域社会論、および田中氏が提起される「古代の自他認識」をめぐり、活発な議論をおこないたいと思います。多くの方々のご参加をお待ちしております。

評 者  蓑島栄紀氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)
      井上勝博氏(神戸大学)
リプライ 田中 聡氏(立命館大学)

日 時 11月14日(土)13:00~17:00

場 所 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室   


*大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー10階、阪急「梅田」駅茶屋町口より北へ徒歩3分、
JR「大阪」駅御堂筋口より徒歩10分(シアタードラマシティが入るビルの10階です。教室外に
掲示などありませんので、お気をつけください)

関西学院大学梅田キャンパスマップ
2015-10-26 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【10月例会】近代公娼制度と遊廓社会―人見佐知子『近代公娼制度の社会史的研究』をめぐって―

大阪歴史科学協議会 10月例会(*遊廓社会研究会と共催)

近代公娼制度と遊廓社会―人見佐知子『近代公娼制度の社会史的研究』をめぐって―

 本年1月に刊行された人見佐知子さんの『近代公娼制度の社会史的研究』(日本経済評論社)は、近年の遊廓社会史研究の進展をふまえ、1872年の芸娼妓解放令を契機として成立した近代公娼制度について、正面から考察をくわえたものです。東京府・大阪府・兵庫県や石川県の具体的実態の分析を通じて芸娼妓解放の歴史的性格の解明に挑んだ最新の研究です。
 今回の例会では、近世遊廓社会史の吉元加奈美さん、近現代女性史の早川紀代さんによる二つの書評報告と、著者である人見さんのリプライを受けて、本書の成果を共有し、今後の研究進展のための課題を探りたいと思います。会員の皆さまのふるってのご参加をお願いします。

書評報告 
①吉元加奈美氏(大阪市立大学DC)
②早川紀代氏(近現代女性史)
リプライ 人見佐知子氏(岐阜大学)
日 時 10月17日(土)13:00~17:00
場 所 大阪市立港区民センター「松竹」の間   
※ JR大阪環状線・大阪市営地下鉄中央線「弁天町」駅下車、西へ徒歩7分。
※〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5 TEL:06-6572-0020 


☆次回例会は、11月14日(土)に関西学院大学梅田キャンパスで実施します。田中聡さんの近著『日本古代の自他認識』をめぐって、簑島栄樹さん(北海道大学)・井上勝博さん(武庫川女子大学)に書評をしていただく予定です。
2015-10-01 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR