【3月例会】水利からみた環境史

 3月例会は水利からみた環境史をテーマとして開催します。井黒忍氏には、13~19世紀の中国北部の事例から、水資源の管理主体と管理方法の変化、その変化の中から生み出された資源の商品化、国家と地域社会の水利権売買に対する認識と対応についてご報告いただきます。他方、石川美咲氏には戦国期日本の用水争論の事例をご紹介いただき、日中の比較史を試みます。

報告
井黒 忍氏(大谷大学)
「水資源の利用・管理に見る前近代中国の国家・社会関係」
石川美咲氏(大阪市立大学)
「戦国期土岐・後斎藤氏の美濃支配―用水相論を事例に―」

日 時 2016年3月5日(土)
13:30~17:00

場 所 福島区民センター
302会議室


※地下鉄千日前線「野田阪神」駅下車⑦番出口より徒歩
4分、JR東西線「海老江」駅下車徒歩6分、阪神「野
田」駅下車改札口左手を出て徒歩4分。

※住所:大阪市福島区吉野3-17-23
TEL:06-6468-1771

☆次回の4月例会は、4月17日(日)にクレオ大阪中央で開催します。「鈴木良氏の人と学問」というテーマで、大阪歴科協の立場から、鈴木良氏の学問について検討をくわえる予定です。
スポンサーサイト
2016-02-18 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第223号(2016年2月)

<特集 教育・教科書問題の現在―その歴史的位置―>
石井拓児:日本における新自由主義改革と教育法制・政策決定過程の変容
平井美津子:歴史教育実践と教科書問題―現場からの報告―
<科学運動通信>
西尾泰広:大阪における教科書問題について―2015年中学校社会科教科書採択をめぐって―

<2015年2・11大阪府民のつどい>
伊香俊哉:歴史に学んで日中関係を考える―庶民の論理に基づく交流・関係構築のために―
「建国記念の日」反対大阪連絡会議:2015年2・11集会 集会宣言
小川 敦:「第49回『建国記念の日』不承認2.11大阪府民のつどい」の記録

<特集 『古代の都城と東アジア―大極殿と難波京―』をめぐって―>
古市 晃:積山 洋著『古代の都城と東アジア―大極殿と難波京―』をめぐって
積山 洋:初期難波京の造営理念再検討―書評会へのリプライに替えて―

2015年度総会記事・総会議案

彙報・委員会記録
2016-02-13 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第222号(2015年11月)

高橋 修:【東日本大震災】被災資料を保全する取り組み
   ―東北三県の外縁部「茨城」のその時と今―

市 大樹:日本古代関制の特質と展開

<特集 旗本知行所からみた畿内・近国社会
         ―熊谷光子著『畿内・近国の旗本知行と在地代官』をめぐって―>
村田路人:書評 熊谷光子著『畿内・近国の旗本知行と在地代官』
齊藤紘子:コメント 地域社会から捉える在地代官と旗本知行―熊谷光子氏の新著を読んで
熊谷光子:旗本知行研究進展のために―書評にこたえて

<第30回歴史学入門講座 歴史研究の課題を発見する>
平田良行:第30回歴史学入門講座参加記
小南 薫:新たな歴史像への挑戦―入門講座参加記―

彙報・委員会記録
2016-02-13 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop

【合同部会】鈴木良氏例会企画準備会⑤

厳しい寒さが続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
合同部会では、大阪歴史科学協議会4月例会「鈴木良氏の人と学問(仮)」にむけて、
第5回目となる鈴木良氏の業績検討会を企画しております。
今回は、鈴木氏の教育実践に関する論考を取り上げます。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

◇前近代史・帝国主義合同部会(鈴木良氏例会企画準備会⑤)
・日時  2月24日(水)18:30~
・場所  浪速区民センター第2会議室
・報告者 濱田恭幸氏(大阪大学)
・コメント 三田智子氏(大阪市立大学都市研究プラザ)
・メインテキスト
   鈴木良「歴史教育の現状と課題」(『岩波講座日本通史 別巻1』岩波書店、1995年)  
・サブテキスト
   鈴木良「〔最終講義〕 歴史を学ぶ楽しさ―研究と教育のあいだ―」(『立命館産業社会論集』第36巻第1号、2000年)
    ※立命館大学の退官記念講演です
2016-02-02 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR