【史料ネット】「2016 年熊本地震」による被災歴史資料保全活動への支援募金のお願い

 2016年4月14 日以来の「2016年熊本地震」では、最大震度7を記録する二度の地震のほか、これまでにない頻度の度重なる余震により、熊本県から大分県にかけて甚大な被害をもたらしました。未だ不自由な生活を余儀なくされている被災者のみなさまに心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族のみなさまに対して深くお悔やみを申し上げます。
 
 わたしたち歴史資料ネットワーク(史料ネット)は、1995年の阪神・淡路大震災以来、大規模自然災害時における被災歴史資料・文化財の救済保全活動に取り組んでまいりました。今回の大災害に際しても被災地の歴史文化の関係者の方々や全国の資料保全ネットワーク関係者、また国立文化財機構文化財防災ネットワーク関係者等と連絡をとり合いながら、ひとつでも多くの貴重な歴史資料・文化財を滅失の危機から救うため活動に取り組んでおります。

 地震発生から2週間が経過した現在、熊本市立熊本博物館(4月19日)や大分県立歴史博物館(4月26日)では民間所在史料・文化財の保全に関する呼びかけが行われるとともに、熊本では4 月23 日に歴史研究者を中心とする「熊本被災史料レスキューネットワーク(熊本史料ネット」が発足するなど、すでに被災地では被災歴史資料・文化財の救済保全活動が始められております。ご自身も被災されながらも、いち早く地域の歴史資料・文化財の救済に向けた活動をスタートさせた現地関係者の方々の勇気に心から敬意を表するとともに、被災地での活動を励ましつつ、史料ネットとしても全国の関係者と協力しながら、全力で被災地での活動を支援していきたいと考えております。

 現地ではすでにいくつかの民間所在の被災歴史資料・文化財の救出活動が行われておりますが、広域かつ甚大な被害に見舞われた今回の大災害では、これまでの経験から言っても長期にわたる活動が継続されることが予想されます。そうした長期にわたる活動を全国で支えていくために、みなさまから活動支援の募金をお願いしたいと考えます。このことについて4 月26日に史料ネットと熊本史料ネットとで相談を行い、募金のお願いについては史料ネットがサポートを行い、熊本史料ネットを代行してみなさまにお願いをすることとなりました。

 みなさまからいただきます募金については、熊本史料ネットなどの現地活動主体に順次送金していくとともに、現地活動主体を支援するために有効に活用させていただきます。
 被災地の復興に不可欠な地域の記憶の基礎となる歴史資料・文化財の救済のため、みなさまからの多大なご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2016 年熊本地震による被災歴史資料保全活動支援募金
* (郵便振替)口座番号:00930-1-53945
* 加入者名:歴史資料ネットワーク
* 払込用紙の通信欄に「熊本支援」と明記してください

*WEB 上からのお振り込みは、下記をご参照ください。
 銀行名:ゆうちょ銀行(コード9900)、店番:099
 預金種目:当座、店名:〇九九店(ゼロキュウキュウテン)
 口座番号:0053945
 * 振り込み元名義のあとに「クマ」と入力してください
スポンサーサイト
2016-05-15 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】第一回関西三学会合同卒論報告会のお知らせ

日時:2016年6月4日(土)13:00~

場所:機関紙会館2階会議室

 京都市上京区新町通り丸太町上ル東側
(地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分/市バス府庁前下車すぐ)

主催:大阪歴史学会近代史部会、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会、日本史研究会近現代史部会

タイムスケジュール(報告30分・質疑20分):
報告① 13:00~13:50
長谷川達朗氏(一橋大学)

「日本村落近代化過程における「村の組織化」―兵庫県宍粟郡与位村を事例として―」
〈参考文献〉
・松沢裕作『明治地方自治体制の起源』(東京大学出版会、2009年)
・庄司俊作編『市町村合併と村の再編』(農産漁村文化協会、2014年)
・今村直樹「近代移行期の地域資産をめぐる官と民」(『史林』91-6、2008年)

報告② 13:50 ~14:40
十河和貴氏(立命館大学)
「大正後期の政界と元老再生産―松方正義・牧野伸顕・平田東助を中心として―」

〈参考文献〉
・永井和「西園寺公望、最後の元老となる」(『青年君主昭和天皇と元老西園寺』京都大学学術出版会、2003年、第3章)
・村井良太「転換期における首相選定―加藤高明内閣成立にいたる政治変動―1918-1924」(法学政治学篇『六甲台論集』第45巻第1号、1998年)
・荒船俊太郎「大正後期の松方正義と「元老制」の再編」(『史學雑誌』122-1、2013年)

報告③ 15:00~15:50
川髙純貴氏(京都大学)
「大戦間期満州における「大陸主義」―金子雪斎とその思想的影響―」

〈参考文献〉
・松沢哲成「満州事変と「民族協和」運動」(『国際政治』43号、1970年)
・山室信一『キメラ 満洲国の肖像 増補版』(中央公論新社、2004年)第二・三章
・渡辺龍策『大陸浪人 明治ロマンチシズムの栄光と挫折』(番町書房、1967年)第5章

報告④ 15:50~16:40
牧野竜也氏(神戸大学)
「一九三〇年代前半の日本における対ソ政策形成過程―北満鉄道譲渡交渉をめぐる外務省と陸軍―」

〈参考文献〉
・佐藤元英「北満鉄道譲渡交渉をめぐる日ソ関係」(『駒沢大学文学部研究紀要』54、1996年)
・北岡伸一「陸軍派閥対立(1931〜35)の再検討」(近代日本研究会編『昭和期の軍部』山川出版社、1979年)
・酒井哲哉『大正デモクラシー体制の崩壊 内政と外交』(東京大学出版会、1992年)

報告⑤ 16:50~17:40
佐藤圭祐氏(京都府立大学)
「『非常時外交の適任者』広田弘毅の検証―1933年『非常時日本』に関連して―」

〈参考文献〉
・服部龍二『広田弘毅「悲劇の宰相」の実像』(中央公論新社、2008年)
・北岡伸一『日本の近代5 1924~1941政党から軍部へ』(中央公論新社、1999年)
・酒井哲哉『大正デモクラシー体制の崩壊 内政と外交』(東京大学出版会、1992年)
2016-05-13 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【2016年度大会・総会のご案内】帝国主義の現段階と平和・民主革命の新たな可能性

日本国憲法公布70周年の今年、大阪歴史科学協議会は52回目の大会を開催します。
 昨年9月安全保障関連法は強行採決されましたが、法案の審議過程において、さらに法律成立後もより一層憲法の平和主義と立憲主義を擁護する運動が高まっています。その国民的運動のなかにおいて、若者が新しい形で運動を先導したこととともに、学者・研究者が従来になく広範に立ち上がっていることも注目され、歴史学が果たす役割が問われています。
世界史の現段階を把握するとともに、諸地域・諸階層の思想と運動がいかに新しい局面を切り開いていけるかの展望を示すこともまた、歴史学の重要な役割といえるでしょう。
 世界史の現状は、中東におけるテロ・内戦と欧米諸国による空爆が事態を混沌とさせ、大量の難民が欧州に押し寄せ、テロの拡散も懸念されています。中東近現代史研究者の栗田禎子氏は、今の事態を、欧米による中東の「再植民地化」とこれに抵抗する2011年の中東革命、その後の反革命状況と捉え、日本の安保法制と中東との関わりを指摘します。そのうえで日本における憲法を守る運動を世界史の位相で捉える報告をしていただきます。
 日本現代史研究者の上野輝将氏には、21世紀に入ってからの日本における市民運動を俯瞰した上で、安保法制反対運動の可能性と世界の市民運動との比較について報告していただきます。現代世界を歴史的にいかに把握するか、大会が有意義な議論の場となるよう皆様の積極的な参加をお願いいたします。

報  告  
栗田禎子氏(千葉大学)「危機のなかの中東・世界・日本と「平和・民主革命」の可能性―歴史的位相と展望を探る (仮)」
コメント 
上野輝将氏(元神戸女学院大学)「日本現代史研究から-個人を主体とした市民運動の役割・世界的な連鎖をどう見るか」

日 時 2016年6月11日(土)
      総会10:00~12:00  大会13:00~17:00
場 所 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス F号館203号教室

      ※ 下記の地図①が正門、⑬が会場のF号館になります。

関西学院大学キャンパスマップ
2016-05-13 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop

【前近代史研究部会】5月部会のご案内

 新緑が目にあざやかな季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
このたび前近代史研究部会では、村田路人氏(大阪大学)による研究報告を企画いたしました。
みなさまのふるってのご参加をお待ちしております。

日時:2016年5月31日(火)、18:30~
会場:福島区民センター305会議室

※最寄駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」(7番出口より徒歩4分)
       阪神「野田駅」(改札左手徒歩5分)
       JR東西線「海老江駅」(徒歩5分)・JR環状線「野田駅」(徒歩8分)
報告:村田路人氏(大阪大学)
    「近世広域支配論の再検討―大坂町奉行支配を手がかりに―(仮)」


〈参考文献〉
  村田路人「幕府上方支配機構の再編」(大石学編『日本の時代史16 享保改革と社会変容』吉川弘文館、2003年9月) 
  村田路人「近世畿内近国支配論を振り返って―広域支配研究の軌跡―」(『歴史科学』192号、2008年5月)

福島区民センター
2016-05-11 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】5月部会のお知らせ

帝国主義研究部会 会員の皆さま

 拝啓、時下ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。早速ですが、以下の要領で、大会の事前勉強会を開催いたしますので、宜しくご参集の程お願い申し上げます。

日時:2016年5月20日(金) 18:30~
会場:クレオ大阪中央 会議室2

報告者:前田 結城氏(神戸大学)

対象論文
 ①「現代史とは何か」(歴史学研究会編『歴史学のアクチュアリティ』2013年、東京大学出版会)
 ②「『集団的自衛権』問題の正体─『集団的帝国主義』の時代の日本型ファシズム─」(『歴史学研究』927、2015年1月)
 ③「『平和憲法革命』が始まった─『安保法制』問題の位相とたたかいの意味」(『現代思想』43-14、2015年10月臨時増刊号)

クレオ大阪
2016-05-11 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【5月例会】中世日本における国家的支配の捉え方

 中世日本の国家機構はときにその存在自体が論争になる程に小さいものであったが、その支配はまがりなりにも列島の大部分を覆ったのであり、列島史を大きく規定した。そして黒田俊雄氏の権門・顕密体制論は、中世日本の国家権力がいかにして人々を支配したか、その仕組みをとらえようとするものであった。
 以上のことを念頭に、本例会では、中世における国家的支配をテーマに設定し、佐伯徳哉・佐藤弘夫両氏の報告を用意した。両者の報告からは、中世の国家権力が持つ現代のそれとの異質性のみならず、両者の相通じる部分もまたみえてくると思われる。その上で、黒田が意図してやり残したこととは何か、顕密体制論の提起からすでに40年余りが経つ今日、黒田学説とどのように向きあうべきか、報告および討論を通じて考えてみたい。

報 告 
佐伯 徳哉氏(新居浜工業高等専門学校)
「地域史からみた権門体制論の可能性―出雲地域史からの試み―」
佐藤 弘夫氏(東北大学)
「ポストモダンの顕密体制論―神仏と支配・再考―」


日 時 5月21日(土)13:30~17:00
場 所 クレオ大阪中央4F多目的室
(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分。大阪市天王寺区上汐5-6-25


クレオ大阪
2016-05-11 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第224号(2016年4月)

志村 洋:近世の勧進宗教者の「二面性」について―西宮神社配下の夷願人を事例に―
 *
熊谷光子:畿内・近国における在地代官の新たな類型化のために―書評にこたえて―
 *
<フィールドワーク 近世の上町台地を歩く>
八木 滋:「近世の上町台地を歩く」を案内して
山下聡一:生玉神社社家株と泉州泉郡池田下村百姓佐五兵衛
尾崎真理:「近世の上町台地を歩く」に参加して
佐藤梨花:「フィールドワーク 上町台地を歩く」参加記
 *
<「建国記念の日」反対運動の歩み>
北泊謙太郎:2・11集会の史学史的検討に向けての覚書―「科学運動」としての「建国記念の日」反対運動―
濱田恭幸:2・11集会の歩み―2・11集会プレ勉強会の記録―
 *
彙報・委員会記録
2016-05-10 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR