FC2ブログ

【7月例会】 近代都市史・地域史と軍港研究の到達点と課題 ―『シリーズ軍港都市史研究』から考える―

 近年、近現代史分野では軍都や軍港の都市史研究を含め、軍隊・軍事
と地域社会との関係に関する研究が、様々な形で進んでいます。中でも
『シリーズ軍港都市史研究』(第1巻~第7巻、清文堂出版)は、都市史や
地域史研究との接点を意識し、明確な方法的意図も持った、本格的な
研究論文集として多くの成果を上げています。本例会では、同シリーズを
中心になって編集・執筆された坂根嘉弘氏をお招きし、シリーズのねらい
と成果、課題などについてご報告いただきます。

 部会からのコメントとあわせ、海軍軍港都市史にくわえ、軍隊と地域
社会に関する研究や、近代日本の地方都市研究に同シリーズが提示
した論点や成果を整理し、今後の研究課題を考えたいと思います。
 会員の皆さまをはじめこのテーマに興味のある皆さまのふるっての
ご参加をお待ちしています。

報 告:坂根嘉弘氏(広島修道大学)
 「シリーズ軍港都市史研究を編集して―成果と課題―」

コメント:大阪歴科協帝国主義研究部会ワーキンググループ
 「シリーズ軍港都市史研究の論点と意義(仮)」

日 時:2018年7月15日(日)13:00~17:00

場 所:クレオ大阪中央 研修室1

※地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分
※大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200
※資料代 300円(会員無料)

クレオ大阪
スポンサーサイト
2018-06-11 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】6月部会のご案内

大阪歴史科学協議会では7月に『軍港都市史研究』について例会を企画しております。

 それにつき、帝国主義研究部会では勉強会を開催いたします。みなさまの奮ってのご参加を、心よりお待ちしております。

日時:6月14日(木)18時30分~
報告者:北泊謙太郎氏(大阪大学)
場所:淀川区民センター 和室

淀川区民センター


報告では、以下の3本の論文を取り上げます。
・坂根嘉弘「軍港都市と地域社会」(坂根嘉弘編『軍港都市史研究Ⅰ 舞鶴編』序章、清文堂出版、2010年)
・河西英通「軍港と漁業―漁業廃滅救済問題をめぐって―」(河西英通編『軍港都市史研究Ⅲ 呉編』第7章、清文堂出版、2014年)
・大西比呂志「軍港都市の市政構造―横須賀市長銓衡過程を通して―」(上山和雄編『軍港都市史研究Ⅳ 横須賀編』第2章、清文堂出版、2017年)


(参考文献)
・吉良芳恵「海軍助成金の成立とその展開―横須賀市を中心に―」(上山和雄編『軍港都市史研究Ⅳ 横須賀編』第3章)。
・坂根嘉弘「陸海軍と中国・四国・瀬戸内の経済成長」(坂根嘉弘編『地域のなかの軍隊5 中国・四国 西の軍隊と軍港都市』、吉川弘文館、2014年)。
2018-06-04 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR