FC2ブログ

【9月例会】憲法なき戦後沖縄の歴史的解明―書評:豊下楢彦・古関彰一『沖縄 憲法なき戦後』―

 戦後沖縄はサンフランシスコ講和条約第三条に基づき、米国が行使する施政権の下に置かれました。沖縄には日本国憲法が適用されないばかりか、世界人権宣言も国連憲章も遵守されず、軍事最優先の下で住民の生命は危険にさらされ、人権は踏みにじられてきました。この時代にいっさいの法的制約を受けることなく強行された土地の強制収用や軍事利用、かずかずの人権抑圧は、復帰を経て今日に至るまで、沖縄に深い傷を残してきました。
 戦後沖縄は、なぜこのような事態におかれたのでしょうか。豊下楢彦・古関彰一両氏の新著『沖縄 憲法なき戦後』(みすず書房、2018年)は、この問題の歴史的解明に挑んだ研究書です。9月例会は本書の書評会とし、豊下氏からのリプライを受けて議論を深めていきます。
 名護市辺野古への米軍新基地建設をめぐる緊迫のなかでまとめられた本書を通じて、沖縄への「本土」の関わりを捉える、新鮮で根本的な議論が交わされることを期待します。皆さんの多数のご参加をお待ちします。

報告:小林 啓治氏(京都府立大学)
コメント:吉次 公介氏(立命館大学)
リプライ:豊下 楢彦氏(元関西学院大学)

日時:2018年9月1日(土)13:30~17:00
場所:クレオ大阪中央 研修室2
(大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分。大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200)

資料代 300円
(主催・共催団体の会員・組合員は無料)

クレオ大阪
スポンサーサイト
2018-08-10 : 未分類 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR