FC2ブログ

【3月例会】新自由主義時代の歴史教育 ―新学習指導要領の批判的検討から―

 大阪歴史科学協議会は在阪の歴史学会として、大阪を軸とした教科書問題や歴史教育の諸問題に取り組んできました。3月例会では、1947年の「学習指導要領一般編(試案)」以来、第九次の改訂となる新学習指導要領(以下「新要領」)の問題を取り上げます。
 2018年3月、高等学校学習指導要領(2022年度実施)が官報告示されました。17年3月に告示された小学校・中学校学習指導要領とあわせ、改正教育基本法に淵源し、安倍政権の教育政策を色濃く反映した新要領の全容が明らかとなりました。
 今回の改訂は「グローバル化時代」に対応可能な「人材」の育成(小学校英語の早期化と教科化)や「愛国心」の涵養(小中学校での道徳の教科化)とともに、「歴史総合」および「公共」の新設によって高校「社会科」に重大な変更・解体を迫るものとなっています。また新要領が「主体的・対話的で深い学び」と位置づける、いわゆるアクティブ・ラーニングの教育方法論を突出させている点も問題です。教育現場はこうした新要領を基準とした教育の実施を迫られています。
 こうした動向を踏まえて3月例会では、高校の新学習指導要領を教育現場の視点から批判的に検討し、授業実践を構築してこられた井ノ口貴史氏と浅井義弘氏に報告をお願いします。歴史教育のあり方をめぐって、本当の意味で学習者の主体性を引き出し、現代に相応しい歴史教育とはいかなるものかを議論する機会となれば幸いです。

報 告 井ノ口貴史氏(京都橘大学)
    「『歴史総合』の批判的検討と実践の方向性」
     浅井義弘氏(大阪府立高等学校)
    「『歴史総合』―現場からの疑問」


日 時 2019年3月9日(土) 13:30~17:00

場 所 大阪市立西区民センター 第4会議室

(大阪メトロ千日前線「西長堀」駅下車、⑦番出口より北へ 100m。大阪市西区北堀江4-2-7、tel 06-6531-1400)

大阪市立西区民センター


資料代 300円(会員無料)

☆次回の例会は、4月6日(土)にクレオ大阪中央で開催します。『新版八尾市史』や『和泉市史』などこれからの自治体史のあり方をテーマに、藪田貫氏などにご報告いただく予定です。
スポンサーサイト



2019-02-20 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第235号(2019年1月)

〈第52回「建国記念の日」不承認 2.11大阪府民のつどい〉
原田敬一:戦争を始めさせないために―「明治150年」と日本の戦争―
望月みわ:「『建国記念の日』不承認 2.11大阪府民のつどい」参加記

〈2017年7月例会〉
市沢 哲:公共圏における歴史学/公共圏をつくり出す歴史学
小野塚航一:歴史を「学ぶ」ことについての覚書―市沢哲報告に寄せて―

〈第33回歴史学入門講座:歴史研究に何ができるか〉
若尾政希:歴史研究に何ができるか
       ―『第4次現代歴史学の成果と課題』を編みながら考えたこと―
跡部史浩:若尾政希氏の方法とその軌跡から学んだこと
玉田理人:歴史学入門講座に参加して

彙報・委員会記録
2019-02-20 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR