FC2ブログ

【1月例会】鎌倉幕府と権門体制

 日本史上における「中世」の起点を、平安時代末に置く見方が通説化してからすでに久しい。このような理解は、鎌倉幕府を最初の中世国家とみる学説を克服して、武家権力を相対化しようとする黒田俊雄氏の「権門体制論」などの議論とも深く関わっている。ただし、幕府成立の歴史的なインパクトも依然として重要である。鎌倉幕府については、幕府成立以前の国家・社会のあり方とのつながりと変化、双方に注目しながら論じる必要があるだろう。
 本例会では、鎌倉幕府論をテーマとして設定し、佐藤雄基・木村英一両氏の報告を用意した。両氏の報告では、平安時代からの流れを意識しつつ、訴訟・裁判、京都と武士といった異なる観点から鎌倉幕府について論じていただく。加えて、「権門体制」という概念を現在どのように受け止めるべきか、という問題についても言及していただく。報告・討論を通じて、鎌倉幕府論、ひいては中世国家論について考察を深める場としたい。

報 告 佐藤 雄基氏(立教大学)
「公武関係と鎌倉幕府裁判
―鎌倉時代の国家論を考える―」
木村 英一氏(大阪大学)
   「中世前期における京都の武士社会と鎌倉幕府(仮)」

日 時 2020年1月25日(土)
13:00~17:00

場 所 大阪市立 大淀コミュニティセンター 第1会議室

大淀コミュニティセンター
※ 大阪メトロ谷町線・堺筋線、阪急千里線「天神橋筋六
丁目」下車、⑪号出口より北西へ徒歩8分。
大阪市北区本庄東3-8-2、tel: 06-6372-0213

参加費 非会員300円(会員無料)

☆次回の例会は2.11集会となります。今年度の記念講演者は、内海愛子氏(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター)です(2月11日[火]、@大阪府教育会館)。
スポンサーサイト



2019-12-25 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第239号(2019年11月)

〈第53回「建国記念の日」不承認 2.11大阪府民のつどい〉
小林啓治:日本国憲法の制定と天皇制・民主主義―戦後初期の象徴天皇制から現代的課題を考える―
「建国記念の日」不承認 2.11大阪府民のつどい:集会宣言
船勢 肇:2.11集会参加記―共同体論と「内的権威」について―

〈2019年1月例会:大化改新論再考〉
安村俊史:考古資料からみた7世紀の変革―河内地域を中心に―
下鶴 隆:古代王権と「名」序論―古代的地域支配単位としての―
中村 聡:討論要旨(2019年1月例会)

〈2017年10月例会:日本古代の地方支配構造と郡司〉
磐下 徹:郡司研究の課題と展望―拙著『日本古代の郡司と天皇』への書評を受けて―

羽田真也:書評:三田智子『近世身分社会の村落構造』

委員会記録
2019-12-25 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】 1月部会のお知らせ

帝国主義研究部会では1月部会を開催いたします。
みなさまの奮ってのご参加を、心よりお待ちしております。
【日時】 2020年1月23日(木) 18:30~
【場所】大阪市立淀川区民センター 第3会議室 (大阪市淀川区野中南2丁目1-5)
    十三駅(西口)から徒歩約7分

【報告】
猪原 透氏
「明治・大正期の社会科学における事実と規範――牧野英一の法理学を中心に」


【参考文献】
・猪原透「大正期の刑法学における科学主義について――牧野英一を中心に」『立命館史学』35号(2014年)
・堅田剛『独逸法学の受容過程――加藤弘之・穂積陳重・牧野英一』第6・7章(御茶の水書房、2010年)
・宿谷晃弘「大日本帝国期における統制主義的法理学の形成に関する覚書:牧野英一の明治期の思想的営みを中心に」『東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ』66号(2015年)
2019-12-20 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR