FC2ブログ

【大阪歴史科学協議会2020年度大会「延期」のお知らせ】

謹啓 会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素は、当会の活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、会員の皆様に大切なお知らせがございます。当初、本年6月13日(土)に開催を予定していました大阪歴史科学協議会の大会ですが、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大を受け、委員会において協議を重ねた結果、ご来場になる会員の皆様や委員の健康と安全を第一に考え、たいへん残念ではございますが、「延期」する判断に至りました。延期後の大会は、10月4日(日)に関西学院大学での開催を予定しています。直前のご報告となりましたことをお詫び申し上げますとともに、昨今の状況をふまえてご理解いただけますと幸いです。

 なお、総会については、会員の皆様に議案を6月中に送付して、同封の返信用ハガキで意見集約を行い、総会での議案採択に代える方法を委員会で決めました(10月4日に大会を開催できた場合には、当日の午前中に上記の結果を改めて確認する手続きをとる予定です)。異例の対応になりますが、この点につきましてもご理解下さいますよう重ねてお願い申し上げます。

 以上の内容についてご不明な点やご意見などございましたら、当会のメールアドレス(osaka_rekkakyo@yahoo.co.jp)までお問い合わせください。末筆ではございますが、会員の皆様のご健康を改めてお祈り申し上げます。謹白

大阪歴史科学協議会
委員長 飯塚 一幸
委員一同
スポンサーサイト



2020-05-21 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第241号(2020年5月)

〈2019年6月大会:近代大阪の都市社会と共同性〉
高橋明裕:趣旨説明(2019年6月大会「近代大阪の都市社会と共同性」)
飯田直樹:近代大阪の「福祉」と民衆世界
廣川和花:コメント―医療の〈近代化〉と施療・救済の観点から―
出水清之助:2019年度大会 討論要旨

〈第35回 歴史学入門講座〉
今津勝紀:日本古代史研究の方法的模索―生存の問題を中心に―
池田拓哉:今津勝紀氏の講演に接して
池田寛斗:歴史学の課題と可能性―歴史学入門講座参加記―

〈2019年5月例会:中国古代帝国の世界史的特質―東西比較研究を通して考える―〉
市原宏一:前近代西洋における帝国と周辺―渡辺信一郎・西村成雄編『中国の国家体制をどう見るか』によせて―
渡辺信一郎:中国古代帝国の構造的特質
高橋明裕:討論要旨(2019年5月例会)

安竹貴彦:書評 塚田孝『大坂 民衆の近世史―老いと病・生業・下層社会』

委員会記録
2020-05-21 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR