『歴史科学』第225号(2016年6月)

<特集 リニューアル後のピースおおさかを検討する>
横山篤夫:ピースおおさかリニューアルの経緯と展示の問題点
島田克彦:大阪空襲をめぐる歴史叙述の射程―ピースおおさかの検証―
津熊友輔:参加記―リニューアル後のピースおおさかを見学して―
 *
<第31回歴史学入門講座>
木村茂光:「歴史学の方法」を考えるために
田村 亨:「歴史学の方法」と向き合う―入門講座参加記として―
長田晃平:歴史学入門講座参加記
 *
沢山美果子:乳からみた近世社会の女の身体・子どものいのち
 *
<「国会期成同盟発祥の地」建碑30周年のつどい>
塩田 純:日本国憲法誕生と自由民権の地下水脈
竹田芳則:「『国会期成同盟発祥の地』建碑30周年のつどい」の記録
 *
森下 徹:書評 『新修彦根市史 第四巻 通史編現代』
 *
彙報・委員会記録
スポンサーサイト
2016-07-16 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR