【大阪歴史科学協議会・9月合同部会】

このたび前近代史研究部会と帝国主義研究部会の合同部会で、高岡萌氏の研究報告をめぐる部会を
企画しましたので、お知らせいたします。
大正期における教育改革と、それをうけた佐賀県での動向を検討する高岡報告、
高岡報告をうけての権力と地域の関係性をめぐるコメントを、両部会より用意いたしました。
皆さまのふるってのご参加をお待ちしております。

日時:9月1日(木)18:30~
場所:クレオ大阪中央 会議室1
報告:高岡萌氏(大阪大学)
「大正期における高等学校制度改革・増設政策の展開―「中央」・「地域」相互の影響に着目して―(仮)」
  
*参考文献
 筧田知義『旧制高等学校教育の展開』(ミネルヴァ書房、2011年、初刊1981年) 
                         ※特に「第一章 高等学校の拡充」を参照のこと
 若月剛史「高等中学校令成立過程の再検討―牧野・小松原文相の学制改革構想を中心に―」
                            (『日本歴史』694号、2006年)
 田中智子「補 章  官立学校誘致現象の生成と変容―京都と大阪の教育戦略― 」 
                   (『近代日本高等教育体制の黎明』、思文閣出版、2012年)

コメント:富山仁貴氏(関西学院大学/帝国主義研究部会)
     吉元加奈美氏(大阪市立大学/前近代史部会)

クレオ大阪

スポンサーサイト
2016-08-09 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR