【2月例会】第51回「建国記念の日」不承認2.11大阪府民のつどい

 戦前、「紀元節」は、初代神武天皇即位の日とする天皇制国家の重要な祝祭日でした。戦後、「紀元節」の復活をねらう政府は、1966年に「紀元節の日」であった2月11日を「建国記念の日」と制定しました。「建国記念の日」は、国民主権を基本とする憲法の民主主義的原則に反し、歴史の真実を歪めるものです。
 今年度は、国会の憲法調査会で改憲論議が進められている現在の政治状況を念頭に、日本国憲法成立史をめぐる古関彰一さんの講演を企画しました。また、意見発表では沖縄高江のヘリパッド建設や大阪万博招致をめぐる問題を取り上げます。ふるってご参加下さい。

講 演
古関 彰一さん(和光学園理事長・憲政史)
「日本国憲法史・再論―九条に関わる新事実から―」


 「日本国憲法はGHQの押し付け」とも言われるが実際はどうだったのか。「戦争放棄」と沖縄の本土からの分離にはどのような関係があったのか。いつから日本は「平和国家」と言われてきたのか。戦後日本の出発点である日本国憲法の制定過程は、私たちの未来に何を投げかけているか―以上についてお話しいただきます。

文化行事
吉矢 千鶴さん(ヴァイオリン)・多田 安希子さん(ピアノ)

曲 目
ベートーベン ヴァイオリンソナタ第5番「春」より
ショスタコーヴィチ 4つのプレリュードより

日時:2017年2月11日(土)13時30分開演(13時開場)
会場:大阪府教育会館たかつガーデン8階「たかつ」の間
*近鉄「大阪上本町」駅から徒歩約3分/地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩約7分
参加費:500円(高校生以下無料)

主催:「建国記念の日」反対大阪連絡会議
事務局団体:大阪歴史学会・大阪歴史科学協議会・大阪歴史教育者協議会・関西マスコミ文化情報労組会議・大阪民衆史研究会・大阪教職員組合

大阪府教育会館(たかつガーデン)
スポンサーサイト
2017-01-29 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR