【3月例会】シンポジウム「近世堺の法と社会」

 大阪歴科協は、大阪という地域に根ざした歴史像の再構成を一つの柱として研究活動を積み重ねてきた。その一環として、近世史の分野においても、在地の地域社会論をはじめ、大坂の都市社会史や畿内近国支配論などをテーマとした例会を企画・開催した。これらが、近世史研究全体に大きな刺激を与えてきたことは周知のことであるだろう。
 一方で、幕藩制社会における重要な都市のひとつである堺は、大坂や畿内の社会的・経済的動向とも密接な関係をもつ都市であったが、その社会のあり様や堺奉行の支配については、これまであまり自覚的に取り上げられてこなかった。そこで3月例会では、こうした状況を克服する第一歩として、シンポジウム「近世堺の法と社会」を企画し、山下聡一氏・島﨑未央氏の2報告を用意した。山下聡一氏には、堺奉行による泉州一国を対象とした「寺社改」とそこから見えてくる寺社のあり方を探る報告を、島﨑未央氏には、天保5年に堺に設置された油問屋をめぐる仕法と油の流通の実態を探る報告を依頼した。今後の研究発展の契機となれば幸いである。

報 告
山下聡一氏(和泉市史編さん室)「堺奉行の「寺社改」政策と地域社会(仮)」
島﨑未央氏(大阪市立大学都市研究プラザ)「天保期堺における油市場設定と地域社会(仮)」


日 時 2017年3月26日(日)13:00~17:00

場 所 クレオ大阪中央 研修室1
(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分。大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200)

クレオ大阪


☆次回の例会は、4月22日(土)にクレオ大阪中央で開催します。人文地理学の視角から環境史や災害文化に関する研究に取り組まれている祖田亮次氏(大阪市立大学)に、研究報告をしていただく予定です。 
スポンサーサイト
2017-03-10 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR