FC2ブログ

【2018年度大会・総会のご案内】日本中世社会をどう把握するか

 昨今の歴史学は個々の研究者の関心・課題意識の個別・細分化を背景として、各研究分野の個別具体的な事象の解明が進んでいます。これにより具体的な成果を積み重ねている一方、個別分散化と対極的に歴史の全体像を提起するための議論は活発とは言えない現状にあります。本会創立時の中心メンバーの一人であった黒田俊雄氏による顕密体制論は、顕密仏教を中世仏教と位置づけることにより従来の宗派史や旧仏教・新仏教という把握を否定し、中世宗教史を中世国家史・社会論と共通の基盤で捉える途を開き、歴史を総体として把握する枠組みを提起しました。
 本大会では、顕密体制論の提起を受けて、中世仏教の教義・思想を論理的に明らかにするとともに、その社会的機能及び国家の宗教政策を実証的に解明されてきた平雅行氏に報告を依頼しました。今回は、院政期の仏教界の腐敗・堕落から始まったとされる仏教革新運動の要因として治承・寿永の内乱に注目するとともに、浄土教から誕生した在俗出家が中世社会に与えた影響について論じていただきます。報告は、顕密仏教の展開過程を仏教界内部の動向だけに収斂させるのではなく、国家・社会の総体の中で把握することで、日本中世の理解を深化させるものとなるでしょう。
 歴史学が個々の史実を総体のなかで捉え、現代認識を踏まえた構想力をもって全体像を構築する営為だとするならば、本大会が中世仏教史研究に留まらない歴史学研究全体の課題を考えるための議論の場となるよう、あらゆる時代・分野の研究に携わられる諸氏の積極的なご参加をお願いします。

報 告 平 雅行氏(京都学園大学)
「鎌倉新仏教史観と顕密体制論―浄土教史の再構築をめざして―」
コメント 大阪歴史科学協議会前近代史研究部会ワーキンググループ
日 時 2018年6月9日(土)
     総会 10:00~12:00  大会 13:00~17:00
場 所 関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E402



関大最新版

※ 阪急千里線「関大前」駅下車、徒歩約10分。1-5 が会場の第1学舎5号館で、E402号教室は4階です。
※ 参加費(資料代)として500円いただきます。
スポンサーサイト
2018-05-04 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR