FC2ブログ

【7月例会】 近代都市史・地域史と軍港研究の到達点と課題 ―『シリーズ軍港都市史研究』から考える―

 近年、近現代史分野では軍都や軍港の都市史研究を含め、軍隊・軍事
と地域社会との関係に関する研究が、様々な形で進んでいます。中でも
『シリーズ軍港都市史研究』(第1巻~第7巻、清文堂出版)は、都市史や
地域史研究との接点を意識し、明確な方法的意図も持った、本格的な
研究論文集として多くの成果を上げています。本例会では、同シリーズを
中心になって編集・執筆された坂根嘉弘氏をお招きし、シリーズのねらい
と成果、課題などについてご報告いただきます。

 部会からのコメントとあわせ、海軍軍港都市史にくわえ、軍隊と地域
社会に関する研究や、近代日本の地方都市研究に同シリーズが提示
した論点や成果を整理し、今後の研究課題を考えたいと思います。
 会員の皆さまをはじめこのテーマに興味のある皆さまのふるっての
ご参加をお待ちしています。

報 告:坂根嘉弘氏(広島修道大学)
 「シリーズ軍港都市史研究を編集して―成果と課題―」

コメント:大阪歴科協帝国主義研究部会ワーキンググループ
 「シリーズ軍港都市史研究の論点と意義(仮)」

日 時:2018年7月15日(日)13:00~17:00

場 所:クレオ大阪中央 研修室1

※地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分
※大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200
※資料代 300円(会員無料)

クレオ大阪
スポンサーサイト
2018-06-11 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR