FC2ブログ

2018年度近現代史サマーセミナーのご案内

 近現代史サマーセミナーとは、大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会・大阪歴史学会近代史部会・日本史研究会近現代史部会の有志による実行委員会が毎年主催する、研究報告会・書評会・フィールドワークを軸とする合宿形式のイベントです。今年度は和歌山で開催しますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしています(サマーセミナーの内容は随時更新します)。

日 程:2018年8月18日(土)~19日(日)
内 容:
1日目(13:00~)
①書評:中村元『近現代日本の都市形成と「デモクラシー」―20世紀前期/八王子市から考える―』(吉田書店、2018年)
  評者:高岡裕之氏(関西学院大学)・吉原大志氏(兵庫県立博物館)
    
     ※ 書評会には著者の中村氏も来られます。

2日目(9:30~)
②特別企画「若手研究者・ポスドク問題を考える―歴史学の多様な担い手をいかに支えるか―」 基調報告:崎山直樹氏(千葉大学) / 各分野からの発言
③フィールドワーク:和歌山城・わかやま歴史館


集 合:南海本線「和歌山市」駅(8月18日[土]12:30)
 会 場:男女共生推進センター(和歌山市あいあいセンター内)
   〒640-8226 和歌山市小人町29番地(※会場には駅から徒歩で向かいます)
 宿 泊:アパホテル和歌山
   〒640-8033 和歌山市本町2-36-1(南海和歌山市駅より徒歩10分)
参加費:15,000円
参加定員:30名程度
受付期間:7月1日(日)より開始(定員に到達次第、〆切)

申込・問合先:近現代史サマーセミナー実行委員会
kansaisamasemi.2018@gmail.com(数字は半角、2018の前に[.]あり)
スポンサーサイト
2018-07-17 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR