FC2ブログ

【史料ネット】2018年7月西日本豪雨で被災した歴史資料保全活動への支援募金のお願い

 2018年7月の西日本豪雨に関して、歴史資料ネットワークでは、以下の通り支援募金を実施しています。すでに被災地では被災歴史資料の救出・保全活動も開始されています。皆さまのご支援・ご協力を何とぞよろしくお願い申し上げます。なお、被災歴史資料の救出・保全活動については、歴史資料ネットワークのツイッター(https://twitter.com/siryo_net)をご参照ください。

 2018年7月西日本豪雨によって、西日本地域を中心に全国各地で甚大な被害が生じています。不自由な生活を余儀なくされている被災者の皆さまにお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆さまに対し、深くお悔やみを申し上げます。

 すでに、愛媛、岡山、島根、広島では、現地の史料ネット関係者が被災歴史資料等の救出・保全に動き出しています。歴史資料ネットワークでは、各地の史料ネットと情報を共有しながら、当面の活動資金の送金を含めた必要な支援を行っています。

 また、近畿各地の被害に対しても、歴史資料ネットワークは、既に現地関係者との連携を始めています。特に6月の大阪北部地震の被災地では、今回の水害による複合的な被害が強く懸念され、活動を迅速に進める必要があります。

 被災地に残された歴史資料は、そのひとつひとつが、地域や人々の歴史的あゆみを未来に伝えるかけがえのないものです。泥をかぶり水に浸かった史料でも救うことができます。今回の被害は広域的であり、各地で同時並行的に展開する救出・保全活動を支えるために多くの資金が必要です。

 前回の熊本地震に引き続き、被災歴史資料の救出・保全活動の重要性にご理解を賜り、現地の歴史資料保全活動への支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。お寄せいただいた支援金は、今回の被災各地で活動する各史料ネット等で分配し、その情報発信も行います。

【2018年7月西日本豪雨で被災した歴史資料保全活動への支援募金】
(郵便振替)口座番号:00930-1-53945
加入者名:歴史資料ネットワーク

※ 払込用紙の通信欄に「災害支援」と明記してください。

WEB上からのお振り込みは、下記をご参照ください。
銀行名:ゆうちょ銀行(コード9900)、店番:099
預金種目:当座、店名:〇九九店(ゼロキュウキュウテン)
口座番号:0053945
スポンサーサイト
2018-07-24 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR