FC2ブログ

【11月例会】明治時代像の再構築を目指して―書評:飯塚一幸著『明治期の地方制度と名望家』(吉川弘文館、2017年)―

 日本近代史研究においては、明治地方自治制や地方政治・地方行政に関して膨大な研究蓄積がある。飯塚一幸氏の近著は、そうした先行研究の成果を吸収したうえで、地方名望家の動きを軸に、行政単位として創出された府県が公共空間へと変容していく過程を描きだす。そこで示された像は、国政レベルまでを視野におさめて明治期の社会変容に迫っており、日本における「近代化」の特質を見通すものになっている。
 本例会では、飯塚氏の近著をめぐって、二人の評者をお迎えして、その成果と今後の課題を探る。参加者も加えた幅広い議論を通して、明治期日本の時代像をいっそう豊かに描き出すための一つの端緒としたいと思う。みなさまの積極的な参加を期待している。

評  者 松沢 裕作氏(慶應義塾大学)
      中元 崇智氏(中京大学)

リプライ 飯塚 一幸氏(大阪大学)

日 時  2018年11月10日(土)、13:30~17:00

場 所 大阪歴史博物館 第1会議室(2階)

(大阪メトロ谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号・9号出口より徒歩。大阪市中央区大手前4-1-32、tel 06-6946-5728)

大阪歴史博物館
資料代 300円(会員は無料)

☆次回の例会は、12月9日(日)にクレオ大阪中央で開催します。今年3月にご逝去された脇田修氏の近世都市論をテーマに取り上げます(報告者:今井修平氏、大阪歴科協前近代史部会WG)。
スポンサーサイト



2018-10-09 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR