FC2ブログ

【大阪歴史科学協議会 1月例会】大化改新論再考

 日本古代史研究における大化改新論は、律令国家の淵源を探るとともに、令制以前の国制や社会体制を探る起点として重要視されてきました。一方で、郡評論争や改新否定論にみられるように、改新詔を中心とした『日本書紀』の本文批判の問題がつきまとっていたのも事実です。近年、出土文字資料なかんずく7世紀代の木簡史料が増加したことから研究が進み、いわゆる「新肯定論」が登場している研究状況にあります。しかし、木簡の記述が個々の『日本書紀』の記述とどう関わるかについては乗りこえなければならない課題も多く、『日本書紀』の本文批判を避けた議論には限界があるといわざるをえないでしょう。
  1月例会では、葬制や古代寺院、交通路、離宮など河内地域の実証研究にもとづいて7世紀を見通されている安村俊史氏と、『古事記』序文の読解やその仏教的文体の分析など、記紀の素材資料論について精力的に論考を発表されている下鶴隆氏に報告していただきます。『日本書紀』の本文批判と読解の成果と、木簡に限らない地域の考古資料による成果とを突き合わせることによって7世紀史を検証する機会としたいと思います。会員の皆さまの奮ってのご参加をお待ちしています。

報 告
安村 俊史 氏(柏原市立歴史資料館)
「考古資料からみた7世紀の変革ー河内地域を中心にー」

下鶴 隆氏(大阪府立福泉高校)
「古代王権と「名」~古代的地域支配単位としての」


日 時 2019年1月26日(土) 、13:00~17:00

場 所 クレオ大阪西 研修室
※JR環状線・阪神なんば線「西九条」駅徒歩3分。大阪市此花区西九条6-1-20、tel:06-6460-7800

参加費 非会員300円(会員無料)


クレオ大阪西


☆次回の例会は2.11集会となります。記念講演者は小林啓治氏 (京都府立大学)です(2月11日[月]、@大阪府教育会館)。



スポンサーサイト
2019-01-11 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR