FC2ブログ

『歴史科学』第236号(2019年3月)

〈2018年度大会:日本中世社会をどう把握するか〉
高橋明裕:2018年度大会の開催にあたって(趣旨説明)
平 雅行:日本の中世社会と顕密仏教
田村 亨(前近代史ワーキンググループ):中世的世界への視座―平報告に対するコメントとして―
永山 愛:2018年度大会 討論要旨

〈2018年5月例会:日本中世の戦争と平和〉
久野修義:重源と源平戦争―『南無阿弥陀仏作善集』再考―
岩永紘和:討論要旨

〈2017年12月例会:明治維新史像の形成をめぐる権力と社会―明治150年によせて―〉
高田祐介:明治維新歴史像の形成と地域の歴史意識―堺事件「殉難者」顕彰を事例に―
望月みわ:討論要旨

越智勇介:彙報(2017年10月例会)
笠松敬太:彙報(2018年4月例会)

委員会記録
スポンサーサイト



2019-04-28 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR