FC2ブログ

『歴史科学』第237号(2019年5月)

〈2018年3月例会:書物・読者・読書の文化史〉
若尾政希:『シリーズ〈本の文化史〉3』を編みながら考えたこと
吉元加奈美:若尾政希編『書籍文化とその基底』を読んで―例会企画へのコメント―
大黒俊二:書物史東西対話の可能性―『シリーズ〈本の文化史〉3』を手がかりに―
綱澤広貴:討論要旨(2018年3月例会)

〈2018年7月例会:近代都市史・地域史と軍港研究の到達点と課題―『シリーズ軍港都市史研究』から考える―〉
坂根嘉弘:シリーズ軍港都市史研究を編集して―成果と課題―
北泊謙太郎:シリーズ軍港都市史研究の到達点とその意義をめぐって―坂根嘉弘氏の論文に関する若干のコメント―
久野 洋:討論要旨(2018年7月例会)

〈2018年9月例会:憲法なき戦後沖縄の歴史的解明―書評:古関彰一・豊下楢彦『沖縄 憲法なき戦後』〉
小林啓治:「日米同盟」と植民地主義―古関彰一・豊下楢彦『沖縄 憲法なき戦後』を読む―
吉次公介:古関彰一・豊下楢彦『沖縄 憲法なき戦後』の意義
豊下楢彦:拙著(『沖縄 憲法なき戦後』)における研究上の新たな視点
笠松敬太:討論要旨(2018年9月例会)

委員会記録
スポンサーサイト



2019-05-21 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR