FC2ブログ

『歴史科学』第238号(2019年9月)

〈2018年10月例会:フィールドワーク 大和郡山・筒井地域を歩く〉
佐藤敦子:近世~近代の郡山町と遊所について
津熊友輔:「フィールドワーク 大和郡山・筒井地域を歩く」の概要
藤井正太:「生きた教材」としての地域―大和郡山フィールドワークに参加して改めて考えたこと―
永野弘明:「フィールドワーク 大和郡山・筒井地域を歩く」に参加して

〈2018年11月例会:明治時代像の再構築を目指して―書評:飯塚一幸『明治期の地方制度と名望家』―〉
松沢裕作:明治地方制度史における府県と郡―飯塚一幸『明治期の地方制度と名望家』第一部をめぐって―
中元崇智:明治地方政治史における政党と地方名望家―飯塚一幸『明治期の地方制度と名望家』第二部を中心に―
飯塚一幸:書評へのリプライ
濱田恭幸:討論要旨(2018年11月例会)

〈第34回歴史学入門講座:近代天皇制と『史実と神話』―天皇陵・大嘗祭・歴史認識―〉
高見薪之介:創出された「歴史」に向き合う―第34回歴史学入門講座参加記―
藤本悠希:歴史学入門講座に参加して

大阪歴科協委員会:2019年度 大阪歴史科学協議会 総会記事・総会議案
委員会記録
スポンサーサイト



2019-10-10 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR