FC2ブログ

【11月例会】 社会運動史研究の現状と課題を考える

 本例会では、広川禎秀・山田敬男編『戦後社会運動史論』①・②・③(大月書店、2006年・2012年・2018年)を取り上げ、社会運動史研究の現状と課題について検討する。
 同シリーズは1989年に活動を開始した社会運動史研究会による共同研究の成果であり、社会運動史は「冬の時代」にあるという意識のなかで刊行が始まった。一方で、2000年代以降にはアクチュアルな課題に刺激をうけて社会運動(史)研究は様々な学問分野で活発化し、歴史学のなかからも新たな視点を持った研究が出てきている。そうした学問動向のなかで、戦後歴史学の流れを汲んだ『戦後社会運動史論』①・②・③は、どのように位置づけられるのか。そして、社会運動史研究にはどのような課題が存在するのか。高岡裕之氏には「総論的」論文を中心に、安岡健一氏には「各論的」論文を中心に、それぞれご報告いただく。そして、編者の一人である広川禎秀氏および参加された執筆者の方々からのリプライをいただく。
 本例会を、社会運動史研究の現状と課題についての総体的把握を行い、考察を深める場としたい。分野・時代の専門をこえた多くの皆さんの参加を得て、活発な議論が行われることを期待したい。

報 告 高岡裕之氏(関西学院大学)
「「戦後社会運動」の論じ方について
―『戦後社会運動史論』第Ⅰ部の論考を中心に―」

報 告 安岡健一氏(大阪大学)
   「社会運動史にとっての地域(仮)」


リプライ 広川禎秀氏+当日参加の執筆者

日 時 2019年11月24日(日)
13:30~17:00

場 所 クレオ大阪西 多目的室
クレオ大阪西

※ JR環状線・阪神なんば線「西九条」駅徒歩5分。
大阪市此花区西九条6-1-20、tel:06-6460-7800

参加費 非会員300円(会員無料)

☆次回の例会は、12月14日(土)にクレオ大阪中央で開催します。齊藤紘子氏の近著『畿内譜代藩の陣屋と藩領社会』(清文堂出版、2019年)の書評会を実施する予定です(報告者:宮本裕次氏・森下徹氏・町田哲氏、リプライ:齊藤紘子氏)。
スポンサーサイト



2019-10-28 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR