FC2ブログ

『歴史科学』第241号(2020年5月)

〈2019年6月大会:近代大阪の都市社会と共同性〉
高橋明裕:趣旨説明(2019年6月大会「近代大阪の都市社会と共同性」)
飯田直樹:近代大阪の「福祉」と民衆世界
廣川和花:コメント―医療の〈近代化〉と施療・救済の観点から―
出水清之助:2019年度大会 討論要旨

〈第35回 歴史学入門講座〉
今津勝紀:日本古代史研究の方法的模索―生存の問題を中心に―
池田拓哉:今津勝紀氏の講演に接して
池田寛斗:歴史学の課題と可能性―歴史学入門講座参加記―

〈2019年5月例会:中国古代帝国の世界史的特質―東西比較研究を通して考える―〉
市原宏一:前近代西洋における帝国と周辺―渡辺信一郎・西村成雄編『中国の国家体制をどう見るか』によせて―
渡辺信一郎:中国古代帝国の構造的特質
高橋明裕:討論要旨(2019年5月例会)

安竹貴彦:書評 塚田孝『大坂 民衆の近世史―老いと病・生業・下層社会』

委員会記録
スポンサーサイト



2020-05-21 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR