3月例会 被災地の復興と歴史学の役割 ―『「生存」の東北史』の可能性―

 東日本大震災からまもなく3年となります。
この間、被災史料の救出や被災地の歴史の掘り起こしなど、
歴史学の側からも復興に向けた様々な取り組みが行われています。
 2012年の市民講座と気仙沼フォーラムの内容をまとめた
『「生存」の東北史:歴史から問う「3.11」』(大月書店、2013年)は、
近現代の東北の「生存」の歴史について、多様な切り口から問題提起しました。
同書は、報告者と受講者、被災地の人々が、被災地の「いま」と向き合いながら紡いだ
地域史の先駆的な成果です。

3月例会は、同書の執筆者である川内淳史さんと高岡裕之さんをお迎えし、
被災地の復興において、歴史学が果たすべき役割と課題について議論します。
皆様のふるってのご参加をお待ちしています。

報  告 川内淳史氏
     「「生存」の歴史学と「歴史実践」」
コメント 高岡裕之氏
日  時 3月8日(土)13:30~17:00
場  所 中央会館 第4会議室


〒542-0082 大阪市中央区島之内2-12-31/tel 06-6211-0630
地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」6号出口より徒歩8分
中央会館

スポンサーサイト
2014-03-01 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR