スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【4月例会】旗本知行所からみた畿内・近国社会 ―熊谷光子著『畿内・近国の旗本知行と在地代官』をめぐってー

 近世の畿内・近国では、幕府による広域支配とともに、藩や旗本などの個別領主支配が展開し、
複雑な支配体制が形成されていました。こうした畿内・近国の社会像については、
支配や制度だけではなく、地域社会論など様々な視角から議論することが重要です。
 熊谷氏の近著では、旗本知行所の在地代官をつとめた「家」が取り結ぶ多様な社会的諸関係を通じて、
畿内における旗本知行の特質や地域社会の実態が明らかにされています。
 本例会では、同書への書評を通して、畿内・近国社会研究の成果と課題について議論を深めたいと考えます。
当日は著者の熊谷氏によるリプライも予定しております。
皆様のふるってのご参加をお待ちしています。

評 者 村田路人氏(大阪大学)
コメント 齊藤紘子氏(大阪市立大学都市研究プラザ)
日 時 4月19日(土)13:00~17:00(予定)
場 所 クレオ大阪中央 研修室2

クレオ大阪

(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3分。
大阪市天王寺区上汐5-6-25、TEL06-6770-7200)
スポンサーサイト
2014-03-20 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。