【7月例会】『古代の都城と東アジア―大極殿と難波京―』をめぐって

 積山洋氏『古代の都城と東アジア ―大極殿と難波京―』が出版されました(清文堂、2013年)。
氏が多年にわたって携わってきた難波宮・難波京の発掘調査を踏まえ、
東アジアの都城制との関係でその特質を捉えることをめざしたものですが、
その問題提起は大阪の古代地域史研究に波及するところも多くあるように思われます。
 当日は積山氏の参加も得て、地域史研究と都城制研究の課題を考えます。
皆様のふるってのご参加をお待ちしています。

報 告 古市 晃氏(神戸大学)
     『古代の都城と東アジア―大極殿と難波京―』をめぐって
リプライ 積山 洋氏
日 時 7月12日(土)13:30~17:00
場 所 クレオ大阪中央 研修室2

クレオ大阪

(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分。
大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel06-6770-7200)
☆9月例会は9月14日(日)に行います。
志村洋氏(関西学院大学)に近世西宮えびすに関する報告をしていただきます
(於:関西学院大学梅田キャンパス)。
スポンサーサイト
2014-06-27 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR