【帝国主義研究部会】2014年近現代史サマーセミナー

 近現代史サマーセミナーとは、大阪歴史学会近代史部会・大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会・日本史研究会近現代史部会の有志からなる実行委員会が毎年企画するもので、研究報告・書評・フィールドワークを軸とした合宿形式のイベントです。今年は、以下の要領で開催します。どうぞ奮ってご参加下さい。

【日時】2014年9月6~7日(土・日)
1日目[研究報告] 13:00~
○沼本龍氏(松江市史料編纂室)
「明治後期・島根県出雲地域における郡クラブの結成について―鉄道敷設問題と地域政治構造の変容―(仮)」
○坂根嘉弘氏(広島修道大学)
「『<家と村>日本伝統社会と経済発展』をめぐって」


2日目午前[書評会] 8:30~
○対象:板垣貴志著『牛と農村の近代史―家畜預託慣行の研究―』(思文閣出版、2014年)
○評者:東野将伸氏(日本学術振興会特別研究員)、大瀧真俊氏(日本学術振興会特別研究員)

※著者の板垣氏も来られます。

2日目午後[フィールドワーク] 13:00~
○対象…広島平和記念資料館・広島平和公園
【会場】
○1日目:広島市国際青年会館 研修室C
○宿泊・2日目:コンフォートイン広島平和大通


【参加費】15000円(※交通費・2日目昼食費は含みません)

【定員】30名程度

【申込期間】7月1日~定員到達次第

【申込・問合先】 
サマーセミナー実行委員・大阪歴史学会近代史部会担当:本井優太郎
motoy_0218◆yahoo.co.jp (送信する際は◆を@に変換してください)
スポンサーサイト
2014-07-16 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR