【9月例会】近世の勧進宗教者の「二面性」について-西宮神社配下の夷願人を事例に-

 9月例会は、志村洋氏に上記の内容で研究報告をしていただきます。近世の勧進宗教
者に関する研究は、これまでのところ、本所による在地神職編成論や、同職集団への取
り込み論といった社会集団論的見地から盛んに議論されてきましたが、本報告では、そ
うした分析視角とは一歩距離をおいて、地域社会における勧進宗教者の実態に注目し
ます。
 摂津西宮神社の諸国配下夷願人(社人ともいう)は、西宮神社の配下であると同時に、
それぞれの地の地域大社に奉仕する存在でもありました。本報告ではそうした二面性に
注目することで、本所を頂点とする同職集団への編成を相対化して捉え、個々が居住す
る地域の側から、彼らの実態を捉え直すことを試みます。皆様のふるってのご参加をお
待ちしています。

報 告  志村 洋氏(関西学院大学)
日 時  9月14日(日)14:00~17:00

場 所  関西学院大学梅田キャンパス1408号教室
※大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階、阪急「梅田」駅茶屋町口改札より
 北へ徒歩5分、JR「大阪」駅御堂筋口より徒歩10分。
※シアタードラマシティの入るビルの14階です。教室外に掲示などありませんので、
 お気をつけください。

関西学院大学梅田キャンパスマップ

☆10月例会は、10月4日(土)に上町台地方面でのフィールドワークを実施します。皆さまの
 ご参加を心よりお待ちしています。
スポンサーサイト
2014-08-22 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR