【5月例会】手紙からみるリテラシー

 5月例会では、手紙という史料を通じてリテラシー研究の可能性を探りたいと思います。小野寺報告では、教養市民層の手紙を分析対象とした小野寺拓也著『野戦郵便から読み解く「ふつうのドイツ兵」―第二次世界大戦末期におけるイデオロギーと「主体性」』(山川出版社、2012年)の内容を紹介しながら、「リテラシー」という問題が第二次大戦期の野戦郵便分析において困難な理由を考察した上で、第一次大戦における兵士の手紙を紹介されます。また「噂」が果たした役割、ドイツ兵捕虜の盗聴記録という「声」の史料の可能性について考えてみたいと思います。大黒報告では、手紙がリテラシー研究の主要史料となりうる例として、イタリア・ルネサンスにおける女性の手紙を紹介します。

報告 
小野寺 拓也氏(昭和女子大学)「野戦郵便と「リテラシー」をめぐって」
大黒 俊二氏(大阪市立大学)「女性が書くとき―イタリア・ルネサンスにおける女性と手紙―」

日時 2015年5月10日(日)13:30~17:00
場所 クレオ大阪西 研修室

※ JR環状線・阪神なんば線「西九条」駅徒歩3分。大阪市此花区西九条6-1-20、tel:06-6460-7800)

☆今年度の大会は、6月13日(土)に関西学院大学で開催します。小沢弘明氏(千葉大学)の報告を軸に、参加者の皆さんと、グローバル・ヒストリーなど近年の歴史学のあり方や動向を考える大会にしたいと考えています(大会案内は後日掲載いたします)。 

クレオ大阪西
スポンサーサイト
2015-04-27 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR