【史料ネット】東日本大震災被災資料クリーニング作業のボランティア募集

2015年10月24日、歴史資料ネットワーク事務局では、東日本大震災で津波被害にあった岩手県大船渡市赤崎町S家の資料群の一部を受け入れました。この資料群は大船渡で紙本・書籍保存修復をされている金野聡子氏、宮城資料ネット、京都造形芸術大学の方々によって2011年5月6日に救出されたもので、膨大な量にのぼります。救出後は京都造形芸術大学にてクリーニング作業や修復が行われていましたが、このたびの受け入れで、一部の作業を歴史資料ネットワークが主体となって神戸大学で行う運びとなりました。
作業はドライクリーニングがメインとなりますが、写真撮影や簡単な目録取りも行う予定でいます。作業経験は問いません。下記の通り作業日程を組んでいますので、ご都合のよろしい日にご参加いただけければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。


        月日・時間 集合場所
        3月6日(日)  13:00~17:00 神戸大学文学部学生ホール
        3月28日(月)  17:00~20:00 〃
        4月9日(土)  13:00~17:00 〃
        4月18日(月) 17:00~20:00 〃
        5月15日(日) 13:00~17:00 〃
        5月16日(月) 17:00~20:00 〃
 

神戸大学文学部学生ホールの場所
http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html(下の地図㉓です)

注1) 作業途中に脱けていただいても大丈夫です。
注2) 作業に必要な道具等はこちらで用意いたします。
注3) 汚れてもよい服装でご参加ください。
注4) 6月以降の予定は4月末頃に再度通知いたします。
スポンサーサイト
2016-03-15 : 史料ネット : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR