『歴史科学』第224号(2016年4月)

志村 洋:近世の勧進宗教者の「二面性」について―西宮神社配下の夷願人を事例に―
 *
熊谷光子:畿内・近国における在地代官の新たな類型化のために―書評にこたえて―
 *
<フィールドワーク 近世の上町台地を歩く>
八木 滋:「近世の上町台地を歩く」を案内して
山下聡一:生玉神社社家株と泉州泉郡池田下村百姓佐五兵衛
尾崎真理:「近世の上町台地を歩く」に参加して
佐藤梨花:「フィールドワーク 上町台地を歩く」参加記
 *
<「建国記念の日」反対運動の歩み>
北泊謙太郎:2・11集会の史学史的検討に向けての覚書―「科学運動」としての「建国記念の日」反対運動―
濱田恭幸:2・11集会の歩み―2・11集会プレ勉強会の記録―
 *
彙報・委員会記録
スポンサーサイト
2016-05-10 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR