【2016年度大会・総会のご案内】帝国主義の現段階と平和・民主革命の新たな可能性

日本国憲法公布70周年の今年、大阪歴史科学協議会は52回目の大会を開催します。
 昨年9月安全保障関連法は強行採決されましたが、法案の審議過程において、さらに法律成立後もより一層憲法の平和主義と立憲主義を擁護する運動が高まっています。その国民的運動のなかにおいて、若者が新しい形で運動を先導したこととともに、学者・研究者が従来になく広範に立ち上がっていることも注目され、歴史学が果たす役割が問われています。
世界史の現段階を把握するとともに、諸地域・諸階層の思想と運動がいかに新しい局面を切り開いていけるかの展望を示すこともまた、歴史学の重要な役割といえるでしょう。
 世界史の現状は、中東におけるテロ・内戦と欧米諸国による空爆が事態を混沌とさせ、大量の難民が欧州に押し寄せ、テロの拡散も懸念されています。中東近現代史研究者の栗田禎子氏は、今の事態を、欧米による中東の「再植民地化」とこれに抵抗する2011年の中東革命、その後の反革命状況と捉え、日本の安保法制と中東との関わりを指摘します。そのうえで日本における憲法を守る運動を世界史の位相で捉える報告をしていただきます。
 日本現代史研究者の上野輝将氏には、21世紀に入ってからの日本における市民運動を俯瞰した上で、安保法制反対運動の可能性と世界の市民運動との比較について報告していただきます。現代世界を歴史的にいかに把握するか、大会が有意義な議論の場となるよう皆様の積極的な参加をお願いいたします。

報  告  
栗田禎子氏(千葉大学)「危機のなかの中東・世界・日本と「平和・民主革命」の可能性―歴史的位相と展望を探る (仮)」
コメント 
上野輝将氏(元神戸女学院大学)「日本現代史研究から-個人を主体とした市民運動の役割・世界的な連鎖をどう見るか」

日 時 2016年6月11日(土)
      総会10:00~12:00  大会13:00~17:00
場 所 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス F号館203号教室

      ※ 下記の地図①が正門、⑬が会場のF号館になります。

関西学院大学キャンパスマップ
スポンサーサイト
2016-05-13 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

QRコード

QR