2018年度大阪歴史科学協議会大会・総会

報 告:平 雅行氏(京都学園大学)
※総会・大会プログラム、大会テーマなどは、詳細が決まり次第、掲載いたします。

日 時:2018年6月9日(土)

会 場:関西大学千里山キャンパス第1学舎5号館E402

※〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35 TEL:06-6368-1121(大代表)
※交通アクセス
 ・梅田方面から:阪急千里線「関大前」駅下車、徒歩約10分
 ・JR吹田駅から:阪急バス「JR吹田北口」停留所より乗車、「関西大学」停留所下車

関大
2018-04-10 : 大会 : トラックバック : 0
Pagetop

【帝国主義研究部会】4月部会のご案内

 帝国主義研究部会では、4月例会にむけて、アメリカ現代史をめぐる勉強会を開催いたします。皆さまの奮ってのご参加を、お待ちしております。

報告:富山仁貴氏(関西学院大学)
日時:4月19日(木)18:30~
場所:淀川区民センター第3会議室


テキスト:
 ・中野耕太郎『20世紀アメリカ国民秩序の形成』(名古屋大学出版会、2015年)の「終章」
 ・紀平英作『ニューディール政治秩序の形成過程の研究』(京都大学出版会、1993年)の 「はしがき」、「緒論」
 ・エリック・フォナー著、横山良他訳、『アメリカ自由の物語』(下)(岩波書店、2008年)
 ・トーマス・スグルー著、川島正樹訳、『 アメリカの都市危機と「アンダークラス」:自動車都市デトロイトの戦後史』(明石書店、2002年) の「序」
淀川区民センター
2018-04-06 : 部会情報 : トラックバック : 0
Pagetop

【4月例会】失われたアメリカのリベラル政治 ―「ニューディール秩序」再考―

 ドナルド・トランプ氏が当選した2016年のアメリカ大統領選挙は、今日のアメリカの国家と社会が抱える歴史的な困難を私たちに突きつけました。何がポピュリズム政治を出現させたのか、なぜリベラル政治が失われてネオリベ・保守主義が勝利したのか、そのことはアメリカの内と外との関係にどのような変化をもたらしたのか――。このような今日の歴史的状況を捉えることは喫緊の課題です。
 
 中野耕太郎氏には2009年3月例会で、オバマ氏の大統領就任を問題関心としながら、20世紀アメリカニズムの国民秩序が形成する1920年代の動向と都市暴動について報告いただきました。今回は今日のアメリカ社会の誕生を、それに先行する「ニューディール福祉国家の瓦解」という文脈から考えたいと思います。20世紀の幅広い内外の歴史過程から、この政治体制の歴史的意義を炙り出すことを試みます。多数のご参加を期待します。

報 告:中野耕太郎氏(大阪大学)
日 時:2018年4月22日(日)13:30~17:00
場 所:クレオ大阪中央 研修室2

※地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1・2番出口から北東へ徒歩約3 分
※大阪市天王寺区上汐5-6-25、tel 06-6770-7200
※資料代 300円(会員無料)

クレオ大阪
2018-04-06 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

【3月例会】書物・読者・読書の文化史

近年、書物・読者・読書の文化史は日本の近世を中心に豊かな展開を見せており、現在刊行中の『シリーズ 本の文化史』(全6巻、平凡社)はその集大成といえます。3月例会では本シリーズ第3巻『書籍文化とその基底』を中心に、この巻の編集に携わった若尾政希氏より、編集を通じて得た新たな知見や「本の文化史」の今後の方向性について報告していただきます。また西洋史の大黒俊二氏にはミニ報告として、同じく『書籍文化とその基底』をもとに、書物史における東西対話の可能性について報告していただきます。

報 告 若尾政希氏(一橋大学)
「『シリーズ<本の文化史>3』を編みながら考えたこと」

コメント 大黒俊二氏(大阪市立大学)
「書物史東西対話の可能性
―『シリーズ<本の文化史>3』を手がかりに―」

日 時 2018年3月10日(土)13:30~17:00

場 所 大阪市立社会福祉センター第7会議室

(近鉄「大阪上本町駅」下車、⑪番出口より東へ徒歩3分、地下鉄谷町線「谷町九丁目」下車、東 へ徒歩10 分。〒543-0021大阪市天王寺区東高津町12−10、tel 06-6765-5641)


参加費 会員300円
(会員無料)
大阪市立社会福祉センター


☆次回の例会は、4月22日(日)にクレオ
大阪中央で開催します。20世紀後半のアメ
リカに関するご報告を中野耕太郎氏(大阪
大学)にしていただく予定です。
2018-02-19 : 例会 : トラックバック : 0
Pagetop

『歴史科学』第231号(2018年2月)

〈第51回「建国記念の日」不承認大阪府民のつどい〉
古関彰一:日本国憲法誕生史・再論
「建国記念の日」反対大阪連絡会議:集会宣言
佐藤敦子:第51回「建国記念の日」不承認2・11大阪府民のつどい参加記

〈第51回「建国記念の日」不承認大阪府民のつどいプレ企画〉
高島千代:初期議会期の政治構想―島田邦二郎「立憲政体改革之急務」を中心に―

〈歴史文化を活かしたまちづくり 尼崎市の取り組み―城内地区フィールドワークと市民が調べる新市史の意義―〉
辻川 敦:尼崎市制100周年記念新市史について―『たどる調べる尼崎の歴史』・『尼崎の歴史ダイジェスト版』の編さん刊行―
北嶋菜織:フィールドワーク参加記―「歴史文化を活かしたまちづくり 尼崎市の取り組み」について―
船勢 肇:新「尼崎市史」編纂事業における市民との関係について

2017年度総会記事・総会議案

彙報・委員会記録
2018-02-19 : 会誌『歴史科学』 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

検索フォーム

QRコード

QR